安寿土牢

2007-11-13

[]ファック文芸部は何もわかっちゃいないらしい。 ファック文芸部は何もわかっちゃいないらしい。 - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - ファック文芸部は何もわかっちゃいないらしい。 - 安寿土牢

こんにちは、行間は読めても空気の読めないobjectOです。

http://anond.hatelabo.jp/20071112193624

そんな状況を知らずに僕は、演劇めいたことをしてしまった。

少し注目を集めると、ファック演劇部の関係者が言う。

「さてはあいつもファック演劇部だ!」

知らねーよ。

ファック文芸部のせいで俺の創作が色眼鏡で見られて気に食わん。何がファック文芸部だ。俺のほうがもっと面白い。俺よりも面白いもの書いて黙らせてみろ」

精読した結果、そのように読みました。すばらしい。これほどの啖呵をしばらく受けていませんでした。新鮮ですらあります。

他の増田の方と区別するために彼をジョン・ドゥ・増田と、仮に呼ぶことにしましょう。ジョン・ドゥはanondでの創作の林立を自然発生的なものととらえ、一増田として至極普通にムーブメントに乗った。だがそれは実のところ顕名のg:neoに属している連中が参加した人為的なお祭り騒ぎだったと。ジョンの作品は他の参加作と同列に扱われリストアップされてしまい、彼の匿名でありたいという欲求は捨て置かれて、いずれIDが明らかになることが期待されている。

それはお怒りでしょう。ですがここに私は、一増田でもある私は、増田が何に対して怒るべきであるか、そして増田がファ文に喧嘩を売った場合の勝利条件を見出すことができました。

前者は「匿名でありたいものが顕名であることを要求する同調圧力に対して」、後者は「増田をうならせファ文を黙らせるほどの創作が、12月3日を遥かに過ぎても誰が望んだとしても已然として匿名であり続けること」

後者が実現された日には、ファック文芸部員の正月はさぞかし苦いものになるでありましょう。ジョン・ドゥの実弾はどれなのか、次にどんな弾を撃ってくるか、いまから自虐的な楽しみすらあります。ありがとうジョン・ドゥ。そしてさらばジョン・ドゥ。

そういう風にobjectOは捉えましたので、「ファ文はウンコじゃないやい」的反論を予定されている方が、万が一いらっしゃいましたら、できましたらお控えいただけますようお願いいたします。それにファック文芸部の人間はウンコ好きです。たぶん。