安寿土牢

2007-11-17

ファック文芸部杯・中間報告 ファック文芸部杯・中間報告 - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - ファック文芸部杯・中間報告 - 安寿土牢

票数が伸びなくなったので切りのいいところでもあるし自作解説をしてみたいと思う。

本当に恐ろしかった匿名オセロ 101user

匿名オセロの可能性についてじっくり考えてみた。8*8の盤面では出来ることが限られ、かといって局の数を増加させてプレイヤーの変化ではあまり広がらない。参照元記事*1の持つ進化論的イメージをどうするか考えていると、ふとDPZの「オセロに絶対負けない方法」が思い出されたので読み直す。なるほど荒野か。で、イーガン『ディアスポラ』中の『ワンの絨毯』と融合してこんなことになった。あと、アルファブロガーの「集合無意識」なるトンチキワードに蹴りを入れたかった。無意識レベルで情報のやり取りしないで何で集合になれるんだよ。つーか単なる「空気」をたいそうな言い換えすんな!で、集合無意識と呼ぶにふさわしい存在になれただろうか?

プレイヤーを類型化し、詳細をボロがでないように書きながら、オチをどうしようか考えていたら『エンダー』の一言が降りてきた。ので、オチはあとづけ。エンダーが降りてこなかったら、はてなのサーバをいかなる方法でか浸食して『塵理論』で『GOLEM XIV』にするつもりだった。結果として判りやすく綺麗になったと思う。

でも、人類はブートストラップに過ぎないという隠れたテーマにはぜんぜんならなかった。

ブクマ米、トラバ等に幾つか答える。

  • 記憶へのアクセスは以下の通り
    • 白黒白と記憶領域*2があったら黒白の順でプレイヤーが石を置くことで、白白白白白となって記憶の白石が取り出されたことになる。
    • プレイヤーが石を置くにあたって盤面中央部を参照する。
  • 残念ながらオーシマさんではなかった。ごめんなさい。
  • http://anond.g.hatena.ne.jp/TransFreeBSD/20071102
    • 「プレイヤー達はいつしか考えることを止めた」カーズ○
    • 「まだ十年は戦えるはずだった」ガンダム○
    • 「それがプレイヤーの悪戯などではないことは一番最初に運営による厳重なチェックを受けた」オリジナル*3
    • 「はてな運営と増田集合知性との間の注意深いコンタクトが始まった」オリジナル
    • 「神よお許しください。彼は自分が何をしたかわからないのです」聖書より。
  • エンダーの存在もまた盤面知性の意志だったのか
    • 条件付イエス。
      • 全ての匿名プレイヤーの意識から盤面知性は独立している。
        • 匿名プレイヤーは複雑な機構の素子に過ぎない。といえばわかってもらえるだろうか?
    • エンダーはアポトーシス機構のようなもので、彼が参加したことで自壊の可能性を持つに到ったとは言える。
      • しかし、それが即ち自滅の意志には直結しない。人は望んで癌にはならない。

第1万5129局目は、平方根をとると123となり、仏語でun deux troisとなりアンドゥトロワ→安寿土牢*4となる。また1:2:3として各項を2乗すると1:4:9となり、これはモノリスの各辺の比に相当する。あとづけくさいが本当だ。


君は実にバカだな 15user

これまたオーシマさんでなく自作。ごめんなさい。

元記事にセルオートマトンとランダムをごっちゃにされたので。未知のものに対し自分の知識の範囲内で近いものを見つけてくるというのは自然ではあると思うが、もうちょっと色々勉強してもいいんじゃないかなという意味でお前なんか猿のエサだ。

ただし、タイプライターを打っている猿に文章を書いているという自覚は無いので、そういう意味では匿名オセロプレイヤーと相似。そっちの意味ならなかなかに慧眼なのでやっぱり君は猿のエサだ。

船井はフルネームで出そうと思ったがアレなので苗字だけ。勿論100匹目の猿はスピリチャルなインチキなので色々ごめんなさい。そこから船井総研を見出して「何だったっけ」と婉曲に尋ねた方、あなたの奥ゆかしさ好きです。

最初から最後まで偶然シェークスピアだったら?という場合も当然込みなのでは?

http://anond.hatelabo.jp/20071105172423

君は重ね重ね……

いーかね、元の話は一匹の猿にタイプライターと無限の時間を与えたら、確率的にどこかにシェークスピアと同じ文章が現れるというものだ。じゃあ100万匹集めて並列すればどの猿かは頭からシェークスピアを打っていることだろうっていうのが100万匹の猿の話。君は何が言いたかったのか?

消されてしまったけど、知性はノイズとの戦いなのかと書いた増田には唸らされた。ブックマークしておけばよかった。

蛇足だが、作中で船井が言う、ランダム文字列からシェークスピアを見出すという話は、シェークスピア作品と一致する文字列を見出すことではない。そんなのはgrepにもできる。知性に出来るのはそこに現れた文字列に価値を見出すことである。

作中の英文はジョイス『ユリシーズ』、ディケンズ『クリスマスキャロル』、フィッツジェラルド『美しく呪われし者』のいずれも冒頭より。適当に頭に浮かんだ作家の作品をプロジェクト・グーテンベルグから拾ってきた。これを読んですぐさま「ジョイスの親族は因業」って書いてくる増田はやっぱり怖いところだ。見透かされてる気がする。




ケータイ小説を責めないでください! 23user

ちょっと釣りエントリじみたタイトルにしてみた。文内でフィクションとわかるので別にいいんじゃないかと思う。ケータイ小説を非難する人はうんたらを文意が通るように修正したくてしょうがなくなり、その衝動を昇華するために書いた。

だいたいノリだけ。殺人教唆するAIならイアーゴという名前で無ければならないと脳内のアガサが言うのでそうした。

ちょっとディテールが書き足りないのだ。

ブクマにお答え

  • どんな人が書いたんだろう。作者さんであろうか。
    • 私です。ケータイ小説は書いたことが無いのです。
  • ゴーストライターって見るとゴールドライタンを思い出す呪いをかけておく
    • 呪いをかけられたので、一箇所ゴールドライタンに読めてしかたありません。
  • にしてもコピペ元は何だろ/PABが出てきたんで神林長平タグ。オチは「我、勝てり」で
    • うまい文章はコピペだ、下手な文章は改変されたコピペだ!増田は地獄か!
      • オリジナルなんだよ!しね!しんでしまえー!うわーん!

以上。あと3作品ぐらいは書けると思う。と書いてしまうと書かなくなるので、まあその辺りをめどに。

*1:別のファック文芸部員作ということが判明している

*2:ただし境界は曖昧

*3:影響皆無とは言わないけど参照元は判明しない

*4:若干苦しい

objectOobjectO2007/11/17 15:21そうそう、増田がエンダーのゲームに興味を持ったきっかけとなれて嬉しかった。手に入れられてるといいな。