安寿土牢

2008-08-05

[]曖昧ミーム(ついったー蔵出し3) 曖昧ミーム(ついったー蔵出し3) - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - 曖昧ミーム(ついったー蔵出し3) - 安寿土牢

  • だいたい、「1冊読めばSFは語れる」にあれほどのDISをしておいて、どの面下げてSFを紹介できる10冊が本気で書けるのかという。「僕と趣味を共有して欲しい10冊」ならばまあなんとか。
    • 彼女に「軽く紹介」するための 10 本、 10 本は軽くないと思います先生。 SF ならそーっと窺うように 1 冊。そこっ!夏への扉は悪手!
      • 理想を言えば、時間と場所とたくさんの本を用意して、手当たり次第にぱらぱらめくらせて、「これ面白かった」と戻してきた奴からリサーチして次を紹介するのが一番いい。そういうメンター欲しかったな。
  • 藤岡弘、の墓碑銘は藤岡弘。であろう。たぶん
  • 「我が妻となるものは更におぞましきものを見るだろう」「妻のあてはあるのか」「……いや」
  • 残機感:「まだもう一機のこってる気がすんだよなぁ。死んじゃっても大丈夫だよなぁ」それ、気のせいだから!
  • どんな機械であっても、ジャカッとかシャキーンとか音を立てるスライド機構を持つものは嫌いになれない。そしてスライド機構を持つ機械には必ず指が挟まるのだ。
  • 自衛隊が新規導入した周囲を威圧しない都市型擬装を施された自衛のための兵器の呼称。セントリー・ガン「せんとくん」。威圧感は無いものの不評だと聞く
  • 知っているのか雷電。知らないのか雷電。知っているはずだ雷電。知ったかぶりか雷電。乗っているのか江ノ電
  • 首都圏外郭放水路、水が入ることで人の侵入がなくなることに加え、河川認定によってこれが建造物であるという認識が薄れた。かくしていにしえの水神との約定ははたされ、日本は再びダ g
  • もしエアーウルフに KITT が:「よし、 KITT 射ち出してくれ」「はいマイケル」バシュ!ザクザクザク…「マイケル?」
  • おじいちゃんナースコールで衛生兵呼ぶの止めて
  • ところで真名仮名はどっちかが呪詛除けの式神だという話だけれどもどっちがそうであるかはもはや本人達にすら
  • テクニカルターム、バズワード、略語の類はミームの浸透と拡散を妨げる要因となりうる。それは隔離されたミーム群が独自の発達を遂げる余地があるということで、マスメディアに取り上げられないところではいくつもの文化圏が重層的に存在するという観測結果に一致する。
  • 「ねえ、私の事、好き?」「まずその包丁は置け。な?」
  • 1000 円煙草でアングラ化する喫煙者たち。喫煙所では今日も「何の葉っぱならいけるか」の情報交換に余念がない。喫煙コミュニケーションを役に立つと考えていた企業も喫煙者の採用を見合わせる事態に
  • 私の親族のいる地では秋も深くなると、各々が小さな短冊に書いた創作を持ち寄り、樹に結びつける風習がある。冬までの間人々はそれらを読んで楽しむが、初雪を合図に樹ごと業火に包む。樹は火に負けず翌年も緑の芽を吹く。
  • 言ってないことを読み取るマンレッド:情熱の共産主義者、同ブルー:陰鬱なネガティブ思考、同ピンク:世界を染めあげる 801 脳、同ブラック:火がなくても煙は立つ火事場泥棒
    • ブログ戦隊言ってないこと読み取るマン、視聴率低迷。井上脚本投入。空気読むマンの梃入れによりストーリー混沌化
      • 「ブログ戦隊言ってないこと読み取るマン」にくる視聴者からのお便りで一番多い内容:「ブログせんたいが何とたたかっているのかわかりません」それは誰にもわからないのです
        • 第8話「ブログ戦隊はわしが育てた」は実在の脚本家(関係者)を揶揄する内容や何かと問題があって記録に残っていない
  • 「あんたたち、ここへお座り。ええか、お父ちゃんの大事にしてた木の実をもいで食ったんはしょうがありません。お父ちゃんはそれ怒ってるんちゃいます。君が嘘ついて人のせいにするのを怒ってるんです。ええかあんた、蛇は口きいたりしません!おいこらちょっと、君らどこいくんや!」
    • 「えろ、ごっつい家、建てたりますな。日干し煉瓦でそんなん作って大丈夫なんかな。あーいわんこっちゃない、崩れてもうた。えー、わしのせいゆうんか。自分の考えなし棚に上げてそーくるか。かなわんなー」
      • 「おーい、そこのあんた後ろ振り返らんとあかん。嫁さんにげてまっせー。なんや、あんたも娘二人おればいいんか。けったいなやっちゃな。……まてまて、わしはあんたんとこの嫁を塩の柱になんぞしとらん!」
  • 「麺を語らせたら、俺ちょっとうるさいよ?」「ジロウ部は帰れ!」
  • もやしもん meetsSF  遠未来の入植惑星において直保はロストテクノロジーであるナノマシンとのインターフェースを埋め込まれた人間であr……あれ?
    • 風の谷 meets もやしもん。家内制でも機械工業の谷と、原始的バケ学の虫使いと、生食主義の森の人の作る三角形のどこかにその楽園は存在する。
  • 「混雑した電車」を「混濁した電車」に空目。コンタミ。「この中に人間じゃない人がいます!」「いやもうみんなドロドロに溶けあわさってるからいいじゃないですかそんなこと」
  • 小女子逮捕はどう考えても未来世紀ブラジル。関わる人間が自動的過ぎる。
  • アニメ・プラネテス・ハチマキは最初から最後まで単機能バカで例えれば打上 only ロケットである。帰ってこない。タナベはそれを知るが最終的に戻ってくりゃくらいのところに落ち着く。両者をつなぐ重力を二人が確認しているところで大団円を迎える。
    • 漫画プラネテス・ハチマキはすごく高機動したいのにその能力はなく、最終的にタナベの高重力につかまって低軌道をぐるぐる回った挙句、よそまで重力でつなぎとめようとして、いろんな物踏み潰して立とうとするロックスミスに唾を吐かれて終わる。
      • 漫画プラネテスお前嫌いなんかといわれそうだが、ハキムが退場するまではすごく好き。あとロックスミス主人公の回。
  • Moon Light Mileが良かったのは最初の一回だけ(宇宙行ってないじゃん)。あとは戯画化しすぎのキャラ、メカ愛のなさ、無意味に緊張感つくられた政治性のすべてがウザイ
  • 山岡・海原親子のアレさというのは「彼女に軽く10本紹介」と似ている。食い物が美味い不味いなんて、相手の好みとそのときの状況に大きく左右されんだろうがとかそう言う
    • 「お前の紹介するものは美味くない。なぜならお前が目の前にいるからだ」「そんなひどい」
      • 「あなたと一緒だとどんなものでも美味しい」
        • objectO「あなたと一緒に食べるとどんなものでも美味しい」nuffy「……」objectO「あ、あなたのレバー、レタスによくあう」nuffy「……」こうですかわかりません
  • 背中の皮がむけるようになってから背中に手をやる癖がついたが、その手にザラザラとした無数の魚卵のような感触が。あ、なんかうねうね動いてる。虫?剥けた皮の下に虫?ぼりぼりとほじくりだすととまらなくなる。なんか爆ぜた。背中のあちこちでパチンパチンはじける音が。
  • http://movapic.com/objectO/pic/1549
  • 「兄は一人っ子です」
  • twitter とおなじ ID を wassr で取り、 twitter とおなじ内容をポストする。徐々に wassar だけのポストも増やしていくことで乗換えが完成するのだが、同一 ID とおもわれたのが実はまったく別の人であることが後に判明し…
  • 一生で一番うれしくなかったプレゼントは池袋で渡された「神棚」です。
  • 「オタクの純情な人々を喰う」が何故食人賞ネタでないのか疑問に思う
  • しかし、ペルソナ世界は危機に晒されすぎだ。世界は高校生の不断の努力によって守られている。
    • 探偵は去らねばならないのでエンディングはあれでいいのだが、白鐘直斗も探偵なので本来なら二人一緒に……いや、おれはどんだけ……
  • 貧乳は遺伝、巨乳は突然変異。 objectO 覚えた。
  • ボーリング熱高まった。祖父はそういうと鶴嘴とスコップを引っ張り出してきて裏山へいったものだった。今家にあるもののほとんど、遮光器土偶とか水晶髑髏とか黄金飛行機といったものは祖父のボーリング熱の産物だ。
    • 祖父が掘り出したものは遺物だけとは限らない。ファラオがしているような黄金のマスクを持ち帰ったときなど、直後に高熱でぶっ倒れ家族はおろか村の人々が次々とおなじ症状で倒れる事態となり、なんだか偉い医者が来た。死者は出なかったが村人は「ボーリング熱」と呼んで怖れた。
      • 祖父が掘ってるのは裏山じゃないんじゃないかという疑惑は村の誰もが思っていることだったが、ボーリング現場を発見するのに成功したものはおらず、無謀な若者が 2 人ほど神隠しに会った時点で祖父の趣味は一種のタブー扱いされるようになった。
        • 一度祖父にボーリングに連れて行ってもらったことがあるはずなのだがよく覚えていない。土とは何か決定的に違う感覚のものを子供用のスコップで掘り返していたのだけは覚えている。そのとき見つけた琥珀にとらわれた小さな人型の何かはもう失くしてしまった。
          • 祖母は祖父の趣味を嫌っていて、よく埋め戻してこいと怒っていた。祖父は再び裏山にいく。帰ってくるが拗ねていて、ちゃんと戻したか聞かれても「適当に」としか答えない。オカルト考古学の発生は祖父が原因なのではないかなどという理由のない不安を持っている。
  • 地雷「 SF 作品」について考えていたら、脳の中のちっさいオーシマさんが「ある日突然ドカンと SF として成立する地雷 SF いーね」といった。オーシマさん、課題難しいですよ?
    • 対人地雷 SF :その作品を薦めたり、話をすると相手は死ぬ。もしくは相手との関係が死ぬ作品。対物地雷 SF :それを読んだ後では対象の扱いがまともになりえない作品
  • 「帰省?田舎どこ?」「信州のほうですけど前の戦争で……」「そっか」「なんで google って都市部から電子化始めたんすかね」「真っ先に失われるのは都市部だと思ってたんだろね」「一辺になくなるって考えないすね」「邦破れて山河無しか」「生身の俺達ってどんな死に方したんでしょうね」
    • (d:id:a-parkさんのリクエスト「ついった/はてダのSF短編書きさん達が、ストリートビューネタで何か書いてくれると信じてる 」を受けて)
      • ストリートビューが結びつける山崎まさよしとウィリアムギブスン
  • 結婚指輪つけた指をコレクションしてる人想像して、ちょっと自分の想像力にうんざりした
  • 140 字で SF を書くのは SF 短歌よりは敷居が低いのでみんなやるんだ。