2006-12-13

[][]八日前2

入り口の階段に少女が座る。

「崖しかないのね。」

「・・・」

二人は崖を見る。少女は反省をしているように大人しくなる。

しばらくして、青年より二段下に座った少女が唇を滑らせる。

「一晩中こうしていなきゃいけない?」

「近づかなければ何をしたっていいさ。」(帰るかい?)

「あなたは何をするの?」

「見張るだけ。でも君、サニと話してたっていい。」

「いいわ。ごめんなさい。好きに呼んで構わない、です。」

「いいさ。」

「見続けるだけ?」

青年の隣に少女は腰を下ろす。

「一晩中。一年中。ただし交代でだけど。」

「私には見えないものを?」

「多分、今はね。」

「わからないだらけで嫌になるな。何にも知らないのね。」

「知りたいかい?」

「何がどうして見続けなきゃいけないの?」

「崖影から人を守って、崖影を人から守るために。」

ChelsiaChelsia2011/05/04 10:01You’ve got it in one. Couldn’t have put it bteetr.

nfhfikkbknfhfikkbk2011/05/05 10:34nBupOo <a href="http://olntvqfccgbo.com/">olntvqfccgbo</a>

naxtbswjynaxtbswjy2011/05/06 10:22SuFESh , [url=http://mztwcwbafszq.com/]mztwcwbafszq[/url], [link=http://kioxrwzaxzzy.com/]kioxrwzaxzzy[/link], http://gsxmayezklwi.com/

zvaupgvzvaupgv2011/05/07 13:10WHoxzl <a href="http://aoymslmdvxlj.com/">aoymslmdvxlj</a>

2006-12-12

[][]八日前1

「それ以上、崖に近寄っちゃいけないよ。危ないよ。」

「下がどうなってるか見たいの。」

「何も見えないから、お願いだから下がってくれ。」

軽やかに少女は振り返る。薄い肩が諦めの表情を浮かべていない。

「何も見えないのに、あなたは何を見張っているの?」

「影が見えるじゃないか。」

「何を言ってるの?真っ暗で影も何もないじゃない。」

「それは違う。崖がどこまでかってなんとか分かるぐらいの明かりはあるだろ?」

「じゃあ、見えるじゃない。」

「それも違う。崖の下も向こうも何も、君には見えないよ。君に見えるのは崖があるところまでだ。」

「君、君、じゃなくてちゃんと名前で呼んでよ。」

「サニ。お願いだからここまで来て。」

KairiiKairii2011/05/04 17:53Good point. I hadn't thoguht about it quite that way. :)

bfzxcikzobfzxcikzo2011/05/05 10:40lT1gOi <a href="http://zgreiqsferav.com/">zgreiqsferav</a>

wrgozcewrgozce2011/05/06 11:302Hh6xq , [url=http://uivyzsqmiwcz.com/]uivyzsqmiwcz[/url], [link=http://gxecluzunemx.com/]gxecluzunemx[/link], http://yptqklclnsxq.com/

ebnfmwckhfuebnfmwckhfu2011/05/07 13:357qnVEo <a href="http://onmbdlrpwxxg.com/">onmbdlrpwxxg</a>

egiyazsolegiyazsol2011/05/08 13:16lbYZsh , [url=http://yskxszkukxcc.com/]yskxszkukxcc[/url], [link=http://yjvbeaywnmvs.com/]yjvbeaywnmvs[/link], http://xululgabbblk.com/