2006-12-12

[][]十日前1

一年で一番よるが濃くなる十日前。

崖影守の仕事をしに街外れのストーブ小屋に向かう青年は肩をすぼめながら、時には空が黒くなるコントラストを見上げながら歩く。

(夜が厳しい季節か。冬は虫が鳴かないからそれはそれはそれで静かで良いか。)

ストーブ小屋はほど良く暖められている。崖影守のもう一人が先にココアをすでに作り終えていた。

「遅かったね?」

「コーヒー・・・淹れてたから。」

「道中で冷めてるよね。こっちにしなよ。」

ありがとうと言いながら持ってきたコーヒーポッドをストーブに乗せ、滑らかなココアが入ったマグを両手で受け取り、指を暖める。

[][]八日前1

「それ以上、崖に近寄っちゃいけないよ。危ないよ。」

「下がどうなってるか見たいの。」

「何も見えないから、お願いだから下がってくれ。」

軽やかに少女は振り返る。薄い肩が諦めの表情を浮かべていない。

「何も見えないのに、あなたは何を見張っているの?」

「影が見えるじゃないか。」

「何を言ってるの?真っ暗で影も何もないじゃない。」

「それは違う。崖がどこまでかってなんとか分かるぐらいの明かりはあるだろ?」

「じゃあ、見えるじゃない。」

「それも違う。崖の下も向こうも何も、君には見えないよ。君に見えるのは崖があるところまでだ。」

「君、君、じゃなくてちゃんと名前で呼んでよ。」

「サニ。お願いだからここまで来て。」

KairiiKairii 2011/05/04 17:53 Good point. I hadn't thoguht about it quite that way. :)

bfzxcikzobfzxcikzo 2011/05/05 10:40 lT1gOi <a href="http://zgreiqsferav.com/">zgreiqsferav</a>

wrgozcewrgozce 2011/05/06 11:30 2Hh6xq , [url=http://uivyzsqmiwcz.com/]uivyzsqmiwcz[/url], [link=http://gxecluzunemx.com/]gxecluzunemx[/link], http://yptqklclnsxq.com/

ebnfmwckhfuebnfmwckhfu 2011/05/07 13:35 7qnVEo <a href="http://onmbdlrpwxxg.com/">onmbdlrpwxxg</a>

egiyazsolegiyazsol 2011/05/08 13:16 lbYZsh , [url=http://yskxszkukxcc.com/]yskxszkukxcc[/url], [link=http://yjvbeaywnmvs.com/]yjvbeaywnmvs[/link], http://xululgabbblk.com/

ゲスト



トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/sasayou/20061212