霊長類賛歌 このページをアンテナに追加

2006-05-04

[]リチャード・ドーキンス、ファック文芸を騙る。 リチャード・ドーキンス、ファック文芸を騙る。 - 霊長類賛歌 を含むブックマーク

 良質な詩的科学から見れば、ファック文芸部利己的なbloggerたちのアナーキーな連盟である。その中の個々のエントリが選ばれた理由は、自らの模倣子プールの中で、他のすべての模倣子が成す環境を背景にして、生き延びる能力があるということだ。

 なるほど、はてなダイアラーが他のダイアラーのために貴重な奉仕を行っているという、なんとも優しげな意見もある。たしかにキーワードを全て取り去ってしまえば、おとなり日記に対する影響、ひいてははてなダイアリーのほとんどのダイアラーに対する影響は、悲惨なものとなるだろう。

 しかし、それがキーワードがそこにある理由なのではない。キーワードダイアラー日記を自らの糧にしているのだ。はてなを肥やす活動を組み込んだ自らの模倣子の利益のために。この私利をはかる活動にただ付随する結果として、キーワードが作成者によって改善され、そのためキーワードを使うダイアラーや、ダイアリークリップするブックマーカー恩恵をこうむるのだ。はてなダイアリーの中に住むダイアラーが、そこに住む他のダイアラーのいる中でクネクネする理由は、そこが今まで日記を書き続けていた場所だからだ。おそらくキーワードがそれほど存在しないところで繁栄するジャンルもあるだろうが、それははてなダイアリーで見られる日記ではない。そのようなblogアメブロにでも行けばdoしているだろう。

 これが「はてなガイア」仮説の誘惑への正しい対処法である。「はてなガイア」という夢のような空想の中では、はてなはひとつの生命体であり、それぞれのサービス利用者は全体の利益のためにわずかながらの貢献を行っていて、たとえば断片部員はすべてのダイアラーのためを思ってクネクネ中の空気の読み方を改善するために働いているらしい。この手の悪質な詩的科学の中で、わたしが知っている最も極端な例はある著名な年配の「blogger」の言葉だ。(bloggerにつけたかぎ括弧は、blogでdoとしてのblogの書き手ではなく、精神保護活動の活動家であることを示している)。私にこの話を教えてくれたのはとあるはてなダイアラーだが、その彼がとあるmixiのコミュではてなについてのスレッドを読んでいたときのこと。話題がはてなダイアリーの今後についてのことになり、いつか起こるであろうカタストロフィーへの疑問が出された。温和な顔のそのbloggerは、少しの疑念も持っていなかった。「もちろんそんなことはない」彼は断固として言った。「はてなガイアはそんなことを許しませんよ!」

虹の解体―いかにして科学は驚異への扉を開いたかより。

MangkonethongMangkonethong2012/10/16 09:57Kudos! What a neat way of thkninig about it.

xhhflhqletxhhflhqlet2012/10/16 21:583yviF7 <a href="http://gjtwihvnhiuy.com/">gjtwihvnhiuy</a>

ftlxjozftlxjoz2012/10/19 14:14XP34Fw , [url=http://okiyhqmkebnf.com/]okiyhqmkebnf[/url], [link=http://ghigaguawypo.com/]ghigaguawypo[/link], http://chkjoedhjaxt.com/

mqqexhmqqexh2012/10/20 01:461nBpV1 <a href="http://qipwmlnoopuh.com/">qipwmlnoopuh</a>