霊長類賛歌 このページをアンテナに追加

2006-10-18

[]ハチクロとは何ぞや。 ハチクロとは何ぞや。 - 霊長類賛歌 を含むブックマーク

いや、ちまたでハチクロとかいうのが流行っているらしくてよく見るんだけど、何の略だかわかりゃしないので考えてみた。

 

ハチ…蜂…鉢…クロ……黒……わかった!

八幡様の黒い犬』 略してハチクロ、ですね!先生

おそらく、幼い頃に八幡様の境内で黒い犬を殺した女が、生涯その犬に呪われながら殺して憎んで愛する物語みた

たぶん主人公は不細工で陰険で呪わしい女破愚(はぐ)で、人殺しの仏師猛故(たけもと)と、愛と憎しみを交し合う。

破愚が人の愛に触れそうになると、黒い犬が出てくる。

破愚は犬と心の中で戦っているうちに、親切な人をも殺してしまう。

で、流浪する中で猛故に出合った破愚は、絵を教えてもらい、一時の救いを得るんだけど、やっぱり黒い犬が出てきて殺し合いになってしまう。

だが、温厚そうな仏師猛故もまた、心に闇を持っていたのだ!

とかいう展開。

断片的に聞くと、最終巻では破愚が腕を切断したらしい。てことは、切断した腕に絵筆を刺しで、でっかい黒い犬の絵を描くな、確実に。

そしてラストでは、猛故に何かに挟んだハチクロ秘密を投げつけるらしいので、たぶん石にはさんだ黒い犬の首だと予想。

これが愛、これが命、おれの…おれの……名前ッ……!!!

 

 

どこで連載してんの?もう終わっちゃったの?

 

 

 

追記:どうやらラブコンというのもあるらしい。

ラ……ブコン……ははぁ、格闘マンガですね?ラ☆武魂!

イタリア移民の女格闘家リサは極東の島国で小さな武魂、オタニに出会う。アイヌ武術後継者であるオタニは身長が小さいことが悩みだったが、長身のリサとのコンビネーションによって中国武術家を倒し、阿修羅の異名を得るのだった!

あとほら「のだめ」。

これはあれですね、贋作画家メーヘレンの生涯を描いた、子供向けの伝記マンガですねメーヘレンは自分の絵を描くよりも、フェルメール贋作で画壇に復讐することを選択した……戦え、メーヘレン!抗うのだメーヘレン!

で、略してのだめ。幻の作品ですね。

えーと、NANA? ……ああ、知ってる知ってる、イギリス極右武装団体でしょ、ナショナルソシエイションオブノーザンアーミーね、北のほうでね、うん。あんまり喋ると消されるからね。