霊長類賛歌 このページをアンテナに追加

2009-01-23アンチノックス賞 結果発表

[]破戒!破戒!破戒賞! 破戒!破戒!破戒賞! - 霊長類賛歌 を含むブックマーク

は-かい【破戒】

戒めを破ること。

 

いましめ【戒め】

過ちのないように、前もって与える注意。

 

あやまち【過ち】

(1)やりそこなうこと。間違い。失敗。過失。あやまり。

「―を犯す」「若気(わかげ)の―」

(2)してはならないこと。罪。

「―を認める」

 人間は、気づかないうちに、さまざまなルールを自分に科して生きています。恐ろしいのは、ルールは自明ではないということ。してはいけないと思うだけでなく、やってもいい、ということに気づかない場合がある、ということです。

 誰かがやって、はじめてルールの存在に気づく。今までしてはいけないと思っていた、という自分の思考に気づいたときの恐怖は、自分自身すら信用に値しないというファックな事実を見せ付けてくれます。

 アンチノックス賞、改め「破戒賞」にもルールはあります。でもそれはルールに従うことではなく、ルールを破る、ということ。ルールは破られるときに一番輝くのです。

 さまざまな方法で、いろんな人々が、ルールを破ってくれました。その中で、もっとも輝いていた破戒者、それは……

 

id:d_kushino(以後敬称略)による

『アンチノックス殺人事件』です!

http://q.hatena.ne.jp/1232016840#a888688

 

 おめでとうございます!

第一回破戒賞「アンチノックス部門」においてもっともルールを吟味し、誰も思いつかなかったしてはならないことをしたid:d_kushinoには、賞金の200はてなポイント(およそ5億ジンバブエドル)が贈られます!おめでとう!

 

 

真面目な講評

 ここからぐっとテンションを下げて、普通に感想を書きます。破戒!ばかりだと「本当に読んだのかよ」と思われるかな、と心配になったので。

 優勝の『アンチノックス殺人事件』は、コメントにも書きましたが、最初から優勝候補でした。本当に面白く読めましたよ。いきなり始まるのも好感度が高いし、その一言目が「最悪の精神」というのも良かった。補足も含めて破戒王決定です。

 id:DocSeriの「中華人民世界帝国に栄光あれ」は、冒頭からの流れでもう嬉しくて、そして「人格暗殺者」で悶えて「一人格だけ逃げる気か」で爆笑した、という後段はコメントに書いたとおり。ひねった挙句逃げ道がなくなって聞いたことない言葉が生まれる過程が人間の美しさって奴じゃないかね? ただ、ラストまわりが私もよくやってしまうのだけど、早足な印象がありました。「別の話」に行かず、もっとブツ切りでも良かったんじゃないかなあ。

 他にも「別の話」で終わらせた人がいましたけど、それはもう一人目が書いちゃったんだからルールと化していますよ!ってことですね。それを言ったら「参照」がミスディレクションなんだけど。

 そういう意味ではid:garyoの「私にはもうわかったネ」はかなりの破戒ですよ、陰の優勝者といっても過言ではない。ただし主催者を殺したらその時点で大会は終わりですからね、悩ましいところです。

 あと蛇足ですが、id:himeichigoさんがダイアリで「ガンダムは見てない」って書いてたので説明すると、ホ・ムズンとかワ・トソンって名前には、ガンダムの登場人物の名前みたいな響きがある、って意味です。

 その他の作品については後日追記していくと思われます。ひとまずこれで、ごきげんよう。

2009-01-15

[]じゃあアンチノックスでもやろうか。 じゃあアンチノックスでもやろうか。 - 霊長類賛歌 を含むブックマーク

xx の判断がおかしい理由は xx の頭がおかしいためとしか言いようがないのですが、自分が降臨賞に対する真剣さを欠いていたこと、降臨賞を私物化したことは事実であり、その結果、幾名かの方々に不快感を与えたことをお詫びいたします。つきましては、以下の案のどれかで対応させていただきたいと考える次第です。

http://neo.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20090113/p1

「xxの頭がおかしい」以外納得がいかない。

なんかなんかなので、アンチノックス賞を開こうと思った。

というか開いた。

http://q.hatena.ne.jp/1232016840

審査基準は明確、あまりに明確!

ノックスの十戒すべての条項に抵触する小説。

  1. 序盤、犯人が読者の前に姿を現さない
  2. 超能力探偵
  3. 瞬間移動できる犯人
  4. いまだ実現できていない技術を利用した犯罪
  5. 中国人しか出てこない
  6. 偶然と必然がないまぜになっている
  7. 探偵が犯人
  8. 読者に推理の材料が与えられない
  9. ワトスンの推理が実は正解だった
  10. 登場人物が全員同一遺伝子を持つクローン人間で区別がつけられない

ちなみにおれの書いたアンチノックス作品はこちら。

http://neo.g.hatena.ne.jp/screammachine/20060612/p1

さあ!さあ!さあ!

2006-11-14

[]みなさんおつかれさまでした みなさんおつかれさまでした - 霊長類賛歌 を含むブックマーク

 執筆されたひとも、買ってくれたひとも、買いに行ったけど買えなかったひとも、買いに来ることすら困難だったひとも、本当に本当にありがとう、みなさんおつかれさまでした。

 感想を収集する方法を知りたい。

 というか自分でも書けという話だな。

2006-11-13本当の話

[]打ち上げであった、本当の話。 打ち上げであった、本当の話。 - 霊長類賛歌 を含むブックマーク

誰の発言かは書かないけど、おもに私。

再販かけるか否か。

「今回来れなかったひとで、評判を聞いて欲しがる人もいるかもしれない。再販ドットコムのように、ある人数が集まったら増刷するということを告知してもいいのではないか」

「次号発売時に増刷してもいいが、今すぐ欲しいという声もある」

イベントに来たひとは、初版のレア感を大切にしてほしい」

「表紙も間違えてるし」

「えっ、あれ間違いなの」

入稿直前で気づいたんですけど間に合わなくて」

「逆さに持った流れ、どんな深遠な意味が隠されているかと期待したのにガッカリです」

次号の特集は?

グラビアをやりましょう」

「雪山で尿を我慢する水着美女」

「いやむしろ秋葉原路上で」

「尿道カテーテルを用意しまして」

「ひっ、人妻の肉短歌!」

「全部のページにパラパラマンガをね」

「そういうんじゃなくて本文で」

「思わず書きたくなる特集というかテーマがあれば」

「そういえば文芸スタンド能力みたいなのありましたね」

「文豪バトル」

「どんなのですか」

「こぉいっ!田山花袋!布団!バサバサバサーって布団が降ってくる」

「頼んだぞ梶井基次郎レモンボム!(投げる動作)」

「投げると爆発しちゃうんだ」

「いいや!置くね!」

「基次郎が聞いたら怒るよ」

「『爆発しねえよ!ものの例えだよ!』」

だから次号の特集は何だよ

「やっぱ廃刊記念号でしょう」

「二号で廃刊

「で、三号は『あの伝説のg;neoが帰って来た!』で復刊号」

マッチポンプだ」

「サイクルはえーな」

 ここで本の交換会が始まる。

「レムは『虚数』と『完全な真空』を持ってきました」

「読んだことない」

「『虚数』は架空の序文集で『完全な真空』は架空の書評集」

「それだ!架空書評やりましょう」

「いや、むしろ廃刊記念号にかけて架空の作家の追悼特集を」

深堀骨か」

ところでファック文芸部杯なんですが

プロフィールって書いたの誰でしたっけ」

「あれ?誰だっけな」

「とにかく私はxxさんにあなたが書いたんでしょうって言われたのが悔しくて、言われてみたら確かにかけるはず、と」

「いや、プロフィールって作品、私は大嫌いなんですよ」

日本SF読まないんですよ。

「燃やし賞がちょっと読み進められなくて、架空戦記っぽいものばかりな印象が」

戦闘機縛りだから」

「いやでも何か工夫がないと」

神林長平とか、感想読んでもぜんぜんわからなくて」

「神林ですか、いや、好きだと思うけどな」

「そうなんですか?日本作家全然読んでなくて、小川一水くらいしか」

「それ最先端だから」

「神林は概念で遊ぶんですよ(以下あらすじ)って感じで」

ピンチョンみたいな感じですか」

「それはさすがに飛びすぎかと」

ラファティっぽいのかなあ、だったら好きです」

「まあ読んでみてください」

「わかりました」

結論:objectOさんと私はよく喋る。あとduke565さんはいいツッコミを入れる。

comnnocomcomnnocom2006/11/13 19:45「飲尿でしょ?」「そうそう」とかいうやりとりでこめかみの辺りに鈍痛がキました。

screammachinescreammachine2006/11/13 23:49ほんとですか、それはいい経験しましたねえ、いつもあんな感じです。

2006-06-29さすばよ。

[]目指せッ!萌理賞ッッ!!! 目指せッ!萌理賞ッッ!!! - 霊長類賛歌 を含むブックマーク

発表オリジナル創作小説イラストを募集します。テーマは「萌えモチーフは「夏」で、200~800字程度の日本語文章、またはラフな一枚絵を、回答で見せてください。

http://q.hatena.ne.jp/1151442461

「ふむう、萌えでござるか。しかし縛りがこれだけでは……如何んともしがたく……おや、xx-internet殿、どうされた?……おおッ!おおおッ!おおお~ッ!」

http://neo.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20060628/p1

「しからばッ!縛り技巧に及ぶれば、拙者とて黙ってはおられぬッ!若先生は申された、開かんと欲すれば、まず閉じよとッ!!……拙者、縛りを追加するッッッ!追加でござるッ!」

「これぞ霊長類奥義、誤解曲解自縄自縛の術!とくとご覧じろッ!」

 「何か駿河城御前試合のマゾ剣士みたいだね」

「書いたんだが」

 「早いな」

タイトル『風のない島』

「空の高いとこにさ、でっけー雲みてーのがあるがよ?あれがよ、落ちてきたんさ、むかし」

 バイクの後ろにこの娘を乗せたのは、よこしまな気持ちが半分。

 娘は無造作に伸ばした黒い髪をゆらして、よこしまなぼくに微笑んだ。

犯人は見つかってねーがよ」

 浮かんでいるのは雲じゃない。

 この世界が常夏になった原因は、ぼく以外に誰も知らない。

「やしが、見つけるばよ、犯人

 少女の細い腕がぼくの体に巻きつく。ぼくは涙をこらえた。

 「ほお、まずは文字数200文字クリアね、次は……」

ツンデレでも素*クールでも寡黙でもないぞ」

 「まあいいや、そんでノックスの十戒だけど」

「守るだけだから意外と簡単だったな」

 「しかしまあ、いいシチュエーションが生まれたねえ」

「うむ、いつ彼女が真相に気づくのか、といったところに萌える

 「お前だけだと思うけどな。そしてコピペだが」

「これは我ながら辛かった、ていうか無理」

 「じゃあコピペナシ?」

「とりあえずhttp://www.youtube.com/watch?v=1cX8I2-ryng

 「確かに萌えるわな、お前だけ」

「あと二つもおれの中ではコピペ

 「それ言い出したら大体の小説コピペなっちゃうんだけどな」

「というわけで」

 「選考をお楽しみに」