霊長類賛歌 このページをアンテナに追加

2006-10-18

[]ハチクロとは何ぞや。 ハチクロとは何ぞや。 - 霊長類賛歌 を含むブックマーク

いや、ちまたでハチクロとかいうのが流行っているらしくてよく見るんだけど、何の略だかわかりゃしないので考えてみた。

 

ハチ…蜂…鉢…クロ……黒……わかった!

八幡様の黒い犬』 略してハチクロ、ですね!先生

おそらく、幼い頃に八幡様の境内で黒い犬を殺した女が、生涯その犬に呪われながら殺して憎んで愛する物語みた

たぶん主人公は不細工で陰険で呪わしい女破愚(はぐ)で、人殺しの仏師猛故(たけもと)と、愛と憎しみを交し合う。

破愚が人の愛に触れそうになると、黒い犬が出てくる。

破愚は犬と心の中で戦っているうちに、親切な人をも殺してしまう。

で、流浪する中で猛故に出合った破愚は、絵を教えてもらい、一時の救いを得るんだけど、やっぱり黒い犬が出てきて殺し合いになってしまう。

だが、温厚そうな仏師猛故もまた、心に闇を持っていたのだ!

とかいう展開。

断片的に聞くと、最終巻では破愚が腕を切断したらしい。てことは、切断した腕に絵筆を刺しで、でっかい黒い犬の絵を描くな、確実に。

そしてラストでは、猛故に何かに挟んだハチクロ秘密を投げつけるらしいので、たぶん石にはさんだ黒い犬の首だと予想。

これが愛、これが命、おれの…おれの……名前ッ……!!!

 

 

どこで連載してんの?もう終わっちゃったの?

 

 

 

追記:どうやらラブコンというのもあるらしい。

ラ……ブコン……ははぁ、格闘マンガですね?ラ☆武魂!

イタリア移民の女格闘家リサは極東の島国で小さな武魂、オタニに出会う。アイヌ武術後継者であるオタニは身長が小さいことが悩みだったが、長身のリサとのコンビネーションによって中国武術家を倒し、阿修羅の異名を得るのだった!

あとほら「のだめ」。

これはあれですね、贋作画家メーヘレンの生涯を描いた、子供向けの伝記マンガですねメーヘレンは自分の絵を描くよりも、フェルメール贋作で画壇に復讐することを選択した……戦え、メーヘレン!抗うのだメーヘレン!

で、略してのだめ。幻の作品ですね。

えーと、NANA? ……ああ、知ってる知ってる、イギリス極右武装団体でしょ、ナショナルソシエイションオブノーザンアーミーね、北のほうでね、うん。あんまり喋ると消されるからね。

2006-06-13

[]アンチ・ヴァン・ダイン アンチ・ヴァン・ダイン - 霊長類賛歌 を含むブックマーク

 ヴァン・ダインの二十則に反する規則。「アンチノックス」と同じく、ファック文芸部ミステリ研究会における「べき集」。「アンチノックス」とは重複が多い。

  1. 事件の謎を解く手がかりが、全て明白に記述されてはいけない。
  2. 作者は読者をペテンにかけなくてはならない。
  3. 不必要なラブロマンスを付け加えて知的な物語の展開を混乱させなければならない。ファック文芸の課題は、あくまで正義の在処を闇に溶け込ませる事であり、恋に悩む男女を悲劇の祭壇に導くことである。
  4. 探偵自身、あるいは捜査員の一人が突然犯人に急変しなければならない。場合によっては最後に出てきた登場人物が探偵であり犯人であってもよい。
  5. 一見論理的に見えるような推理によって犯人を決定しなければならない。その実、偶然や暗合、動機のない自供によって事件は解決される。
  6. 探偵小説だからといって、必ず探偵役が登場して、その人物の捜査と一貫した推理によって事件を解決する法はない、ケースバイケースで探偵死体から始まってもよろしい。
  7. 長編小説には数多くの死体が絶対に必要であるが、絶対ではない。殺人よりも重い罪を思いついたなら、それを書かなくてどうする。
  8. 占いとか心霊術、読心術などで犯罪の真相を告げる場合は、なるべく読者が愕然とするタイミングが好ましい。
  9. 読者をリレーチームと競争させるためにできることは全てやるべきである。百人の探偵が脳を量子並列化して平行宇宙を作り出し、瞬時に事件を解決する等、方法はいくらでもある。
  10. 犯人物語の中で重要な役を演ずる必要はない。最後の章でひょっこり登場した人物が全員を殺して食べる結末などを用意して、この作家狂ってると思わせなくてどうする。
  11. 端役の使用人等を犯人にする場合、安易な解決策と謗られないためには、ドーピングコンソメスープ的なアイテムが必要である。
  12. いくつもの殺人事件があれば、犯人は複数人にわたるのが自然である。しかし裏でそれらの犯人を操る悪魔的人物がいるならば、その方が楽しい
  13. 冒険小説スパイ小説のように、巨大な組織の後ろ盾のもとで犯罪を犯す犯人がいてもよろしい。その場合、その組織は構成メンバー全員が狂っていなければならない。
  14. 殺人の方法と、それを探偵する手段がいくら非合理でも、作品の中で一貫してそれが「正しい」とされているならば、未知の毒物を使って毒殺しても何の問題もない。要はショットガン的な説得力を文章に持たせられるかどうかなのだ。
  15. 事件の真相を説く手がかりを一切提示することなく、なんとなく読者に想像させておいて、なおかつその裏をかくぐらいの心構えでいくこと。
  16. よけいな情景描写や、わき道にそれた文学的な饒舌(主人公の食べている奇怪な魚についての詳細)は細密に描くべきである。
  17. プロの犯罪者犯人にすること。それらは警察が日ごろもてあます犯人でなければならない。ヨーイドンで始まる犯罪はないのである。
  18. 事件の結末を事故死とか自殺とか天変地異とか天孫降臨とか宇宙が割れて虎が出てくるとかで片付けてもいい。竜頭を用意したのなら、蛇の足を首から生やして読者をペテンにかけるべきだ。
  19. 犯罪の動機はなるべくでかい方がいい。国際的な陰謀とか政治的な動機というより、世界を変革するとか宇宙を救うとか。
  20. 自尊心(ファック魂)のある作家なら、次のような手法を積極的に使うべきである。これら使い古された陳腐なもので輝きを生んでこそ、文芸をファックできるのだ。
    • 犯行現場に残された「コンクリートをえぐった痕跡」と容疑者の手の形が一致することで犯人が特定される。
    • 容疑者を次々に殺すことで無関係の人間をおびえさせ、無理やり自供させる。
    • 切った手首を使った指紋トリック
    • ものすごい速さの移動によるアリバイ工作。
    • 番犬が吠えなかったので犯人はものすごい強い人物だとわかる。
    • やっぱり兄弟だった。
    • 皮下注射で即死する毒薬を打っても効かない!
    • 警官が踏み込んだが壁に穴が開いていた。
    • しりとり犯人を特定。
    • 土壇場で探偵があっさり犯人を殺して、大団円