Hatena::Groupneo

Slimo the fatter

2008-07-08

[]月を撃つ 19:19 月を撃つ - Slimo the fatter を含むブックマーク はてなブックマーク - 月を撃つ - Slimo the fatter

 僕が覗き込んだとき、いつだってまんまるいお月様がぴかぴか光っていたんだ。

 そのとき、僕は酒をあびるように飲んで、べろんべろんに酔っ払いながら家への道を歩いてた。夜のとばりはとうの昔に降りていて、劇団「本日」の定期公演はもう全部終了です、ってなことを嫌味ったらしく教えてくれた。深夜のベッド・タウン、寂れた新興住宅地の路地なんか、誰も歩いているやつなんかいなくて、僕は、ひとりごとをぶつぶつ言いながらいつもみたいにシャッターの降りた商店街を通り過ぎるところだった。

 商店街は、もうひどくやつれていたよ。新しかったのは建物やアーチばっかりで、ほとんどの店舗には「テナント募集」の張り紙が張ってあったし、生き残ってる店も、なんだか店じまいとか書いた札を貼った衣料店や靴下屋か、パチンコしかない有様だった。だから、見るものもほんとになくてさ。酔っ払ってあっちの電柱からこっちの電柱へ、ふらふらしながら移動してたんだけど、その間じゅう奇麗なタイル張りの舗装路しか見てなかったぐらい。

 だから、その時そこの路地を曲がってみようかと思ったのは、まったくの思いつきだったんだ。まさに偶然、ってやつだな。丁度商店街の真ん中あたりに枝道みたいなの、よくあるだろ? ああいった路地がひとつ、その商店街にもあってさ。そこを、ふっと顔を上げたときかなんかに見かけて、入ってみようか、って気になったんだよ。どこに出るのか、知りたかったんだな。まったく単純な理由だった。

 その路地に入ると、商店街にこもってた湿気がふっと離散して、なんだか急に涼しくなった。それで、ちょっとだけ酔いが醒めた気がしたんだ。そうすると、なんだか、昔にここ良く見たようなことがある気がするんだよ。デジャブってやつかな、そう思ったんだけど、僕は、やっぱりここを確かに知ってる。ふいに立ち止まって、ぐるりと、あたりを見回した。この車が一つ通れるかどうかの狭い舗装路も、平屋の木がむきだしの妙に煤けた壁も、そう、このちょっと曲がった電信柱も、やっぱり僕は知ってた気がしたんだ。なんだか妙に気持ちが悪くなって、吐き気がした。ワルヨイって魔物はこういう出来事ですぐ回るんだ。あたまがぐるぐる回る感覚があって、僕の足までがそれに連動して回って、やがて止まった。そして、僕はふと首筋に、何かの視線を感じたんだ。

 僕は、その視線を探して、ふらつく頭をぶん、ぶん、とあちらこちらに向けて、探したけれど、結局その視線は見つからなかった。なにか、急にやりきれない気持ちになって、もう帰るか、と足を商店街のほうに向けたその時、側のしょぼくれた木造の長屋の二階に、なにかキラリと光るものがあった気がしたんだよ。僕はそっちを向いた。で、じっと眺めていたんだ。その、古い長屋に後付けした水色のペンキの窓枠と、その奥にあった光を。そしたら、不意に、僕は思い出したんだ。

 たしか、高校ぐらいだったか。年までははっきりと覚えていないけど、そのころ、僕はなんだかいつもひどくいらいらしてた。先生にもあたりまくってたし、その時の友人や彼女にも馬鹿みたいにつっかかっていた。いつもぎらぎら目を光らせてさ、ほんと馬鹿みたいだったと思うよ。いちおう、理由はあったんだ。あの頃からすれば。どうかなぁとも思うけれど、母さんに新しい彼氏ができてさ、それで僕は、メールかなにかで知っちゃったんだな、それを。とにかく、それで僕はいらいらしていて、友人は徐々に僕から距離を置くようになって、彼女はいつも悲しそうな顔をしていた。その時。たしか、夏ごろだったと思うんだけど、僕は家にいるのがどうしようもなく辛くて、彼女んちに二三日おいてくれないか、って話をしたんだな。彼女は、ちょっとやんちゃぶってた子だったけど、物腰も奇麗だったし、根は良い子で、物を知らないところなんかとても御嬢様っぽくて、ほんとあの頃の僕なんかにはもったいなかったと今でも思うんだけど、とにかくそんな子で、両親が共働きだってのも知ってたから、彼女んちなら空き部屋とかで二三日住めるだろう、と思ったんだ。彼女ははじめひどく断ったんだけどさ、なんども僕が頼み込むうちに、しぶしぶ承諾してくれて。そんで、案内されたのが、目もくらむような大邸宅……なんかじゃなくてさ、ちっぽけな寂れた木造住宅だったわけよ。玄関が土間みたいな。

 もうわかったと思うんだけど、それが、ここなんだよな。あの水色の窓枠は、そんときに僕とふたりで塗ったやつだった。あの頃は僕らは若くて、その二三日のあいだ、何度も何度もキスをして、何度も何度も、いや、こんなことをここで言うべきではないだろうからやめておくけれど。結局彼女の父さんと母さんには僕がいてたことはバレてたらしい。そりゃ、そうだよな。で、夏が終わって、僕らは自然と別れた。それからの彼女のことは覚えていない。噂じゃ、どこかの大学にいったとか、工場で働きながら誰かと同棲してるとか、大学を退学して駆け落ちしたとか、なんかいろいろと聞こえてきたけど、それはもう僕の関係するところじゃなかった。なんだか、急に半ダースとちょっとほど年が若かった青春時代のあのころを思い出して、ひどく、気持ちが滅入った。

 今じゃ僕はもう、高校を出て、浪人して、大学もでて、就職して。仕事だってしてるけど、あの頃の若さはもうどこかにいっちゃった。でも、そのあいだのことなんか、なんだって覚えてないんだな。大学の授業も結局単位をどうやってとったかぐらいしか覚えちゃないし、サークルやゼミの仲間だって、たまにあるOB会ででも名前が出てこなかったりするんだ。仕事なんかなおさらで、毎日毎日同じようなことやって、ビルからビルに回って、時間が来たら先輩と飲みにいって同じような話をして。どこか、空虚にしか思えない日々だ。なんだか、若さと一緒に、心をどこかに置き忘れたみたいな気がしたよ。

 結局、僕が我に返ったのは、それから数分後のことだったろうと思う。軽トラックが、この路地に入り込んできて、道のど真ん中でぼけっとしてる僕にクラクションを鳴らして、ようやく僕は意味もなく立ち尽くしていた自分に気づいた。はっ、として、後ろを見る間もなく慌てて横に飛びのいて、排水溝のなかに足を突っ込んで、軽くぐねってしまった。酔っ払ってたからそれほど痛みは感じなかったんだけど。いてぇ、とかいいながらそのまましゃがみこんで足をさすっていた、その時、偶然にも、僕が見ていたあの長屋から、誰かが出てきたのが見えたんだ。

 それは、紛れもない、彼女だった。後ろ姿しか見えなかったけど、確実にあれはあの娘だったと思う。あの頃の面影がひどく残ってた。すごく家着みたいな服を着ていて、エプロンみたいなのもかけてたんじゃないのかなぁ、そして、あの頃と変わらずひどく艶やかだった髪の毛は、後ろに奇麗にたばねてあって。……そして、その後ろから彼女のに向かって、てててと走りよって行った小さな男の子が、ふたり。おっきなほうが、ちっちゃなほうに、「おい、はやくこいよ」って声をかけて、声をかけられたほうが、小さな8インチぐらいのテープ留めの靴をさ、文字通り履きながら玄関からとびだしていったんだよ。そして、彼女は小さい子供達に歩きながらそっと手を回し、彼らはその指をつかんで、歩き出したんだ。路地の向こうに消えていっちまった。僕は、その後ろ姿を今でも鮮明に覚えてる。

 なんだかひどく切なくなったんだ。今までなかったぐらいに。そして僕は、片足を乾いた排水溝につっこんだまま、なぜか涙が出てきたのに気づいた。そしたら、それに気づいたのが引き金になったのか、もっともっと塩水が頬まで溢れてきやがるんだ。その速度はどんどん速くなって、気づけば僕はしゃがみこんで、頭を抱えておいおいと泣いていた。なんだか、置き忘れてきたものがあったみたいで、そして、その遠い昔に置き忘れてたものが、どうやら、ひどく重大で、大事だった、なんていうのかな、あったかいものだった気がして。ひとしきり泣いて、ふと我に返った僕は、彼女が帰ってこないうちにさっと帰ろう、と思って、顔を上げたんだ。そしたら。

 家屋の屋根に切り取られた夜空に、おっきな、まんまるいなお月様が輝いていて、僕の建っている路地を照らしていたんだ。そこで、僕は、ふっと理解したんだ。僕が置き忘れたものがひどく大事なものだったことの上に、その置き忘れたものは、今じゃたぶん、今の僕よりもずっと、ずっと奇麗に輝いているんだってことを。そして、その輝いてるのは、たぶんあの頃の僕には、勿論、今の僕にも、作り出せるべくもない大きくて、無垢で、生命感のある真珠みたいなもんだったんだってことを。

 なんだか、僕は、泣いていたのがひどくこっぱずかしくなってさ。頬にべたべた張り付いた涙を薄汚れちまったスーツの袖で拭って、すっくと立ち上がったんだ。そして、その、まるい真珠みたいなお月様に向かって、人差し指を立てたんだよ、馬鹿みたいに、そして

 「バーン」

 って、言って、お月様にピストルを撃ってやったんだ。たぶん、その弾は、お月様にはとどくはずもないんだろうけど。そしたら何故かさ、その弾は、長屋をすり抜け、ビルをすり抜けて、そのままぐるぐると地球を何週か回ったあげく……僕の胸にどん、と突き刺さったんだ。それは今でも僕の胸のなかに、そのまま沈み込んで、どうにも抜けない。これを取り去るには、ずっと手の込んだ開胸手術が必要なんだろうと思う。やる気もないけれどね。それから踵を返して僕は家路についた。商店街の明かりはやっぱりしょぼくれていたけれど、なんだか、その蛍光灯の灯りはいつもよりも、なんていうのかな、味のある光だったと思ってる、いまでも。

KayleenKayleen2013/09/18 07:00Gosh, I wish I would have had that intromafion earlier!

JoseJose2013/09/19 16:27<a href="http://lapjax.com">Exrmlteey</a> helpful article, please write more.

KimoKimo2013/09/20 19:37You keep it up now, unndsrtade? Really good to know. http://nannqirco.com [url=http://qkohvphfkjw.com]qkohvphfkjw[/url] [link=http://jmozrqolu.com]jmozrqolu[/link]

MarcosMarcos2013/09/23 14:06Help, I've been informed and I can't become igoatnnr. http://tcfclyhvj.com [url=http://ycuesbac.com]ycuesbac[/url] [link=http://iqmsetey.com]iqmsetey[/link]

2008-07-01

[]僕はただただそれを見つめている 02:18 僕はただただそれを見つめている - Slimo the fatter を含むブックマーク はてなブックマーク - 僕はただただそれを見つめている - Slimo the fatter

 「セックスなんてのはー、キゴーロンでしかないんすよー」

 そう言って笑う彼女に、僕は言葉をなくした。駅前の寂れた喫茶店で僕達は、もう――何時間喋っているのか、自分でもわからない。とりあえずコーヒーは一杯だけ。彼女はプリンを頼んで、楽しそうに食べていたけれど。

 「ぴーっときて、がーっときて、そいで、ぷいってして、おしまい」

 彼女は言いながら、とうの昔に食べ終わったプリンのスプーンを厚い唇に当てたり離したりしている。

 「なんだよその擬音語は」

 「えー、ゆーくん、わかんないんすかー」

 「俺、ぷいっとしたことなんてないから」

 「むーー」

 

 「べつにいいっすよ、わかんなくて」

 彼女は手でスプーンをくるくる回している。目は、ガラス窓の外を見ていた。休日の午後の気だるい日差しの中、田舎の大学町の駅前を歩く人はみんなどこかのんびりとしている。ベビーカーを押した若い女が颯爽と歩くのが見えた。

 「あたしも、ああいうふうになりたかったけど」

 「ん」

 「もう、むりかな、っておもうんス」

 「なんで」

 「やってく自信がないんスよ」

 その目はじっとその若い母を見つめていた。母と子は、薄暗い喫茶店から見ている僕らの視線に気づくこともなく、そのまま歩き去っていつか見えなくなった。

 「みんなそう思いながらもやってんだから大丈夫だって」

 「だから」

 ふいに彼女の大きな目が僕を鋭く刺した。

 「だから、だから、むりなんすよ」


 「皆、てきとうなんすよ」

 「そりゃ、そうだ」

 「てきとうにあわせてるから、みんながんじがらめなんすよ」

 「うん」

 「みんな相対的な尺度でしかないから、あたしみたいなのはハイジョされるんすよ」

 「ん」

 「イシツなやつにはタイショできないんすよ、みんな」

 「そんなことは」

 「……ないっていえないんしょ」

 「……ごめん」

 「わかってるんすよ、ゆーくんのことは。ゆーくんは正直っすから。」

 やわらかそうな唇をつんと突き出した。

 そして、ぷっと吹き出して、それからおおきく背伸びをし、長くて白い両手をピン、と宙に伸ばした。「へへー」って笑う彼女の、その夏にはおよそ似つかわしくないシャツの袖から見えた無数の円いケロイド状の焼け跡が痛々しかった。

 彼女の薄くて柔らかい皮膚を、ずっと前に焼ききったのは、いくつものタバコの火。

 彼女の皮膚に押し付けられて消えたはずのその火は、たぶん、まだ、どこかで燃えているんだと思う。同じように、彼女の手首・足首を毎夜のように縛っていた縄も、引きちぎられた耳たぶのピアスも、殴られすぎて満足に動かなくなった右足の傷も、まだ、現実に存在しているんだと思った。足首に取り付けられた鈴は彼女が逃げ出すたびに鳴るんで、音を消すのは苦労した、って、奇麗な差し歯を抜いてみせ、金属を噛みつぶしたことを示して彼女が笑ってたのを思い出した。


 「……でもですねー」

 「ん」

 どうやら、僕が沈んでいたのに気づいたらしかった。

 この女は馬鹿みたいに勘がいいのがどうにも困り者でしょうがない。

 「どうしたんだよ」

 「んー」


 「……よっ!」

 彼女は、ぐいと立ち上がった。柔らかい髪がゆれ、ふわっと、女の子のいいにおいがした。彼女は、まるで議論してるみたいに、トン、とテーブルに身を乗り出し、じっと僕の目を見て、ゆっくりとひとつ空気を吸って……すぐに、もう一度、座りなおした。


 「……ゆーくんなら、いーかもな、と最近思うんス」

 頬杖をつき、恥ずかしがって窓の外を向いたままそう言った彼女は、どこか滑稽で、僕は、ちょっと笑ってしまった。

2008-06-29

[]25人の白雪姫(完全版/縛り無し) 23:47 25人の白雪姫(完全版/縛り無し) - Slimo the fatter を含むブックマーク はてなブックマーク - 25人の白雪姫(完全版/縛り無し) - Slimo the fatter

 彼女の肌は雪のように白く、また唇は血のように紅く、黒檀のような黒髪は奇麗に風になびいていたが、何よりも美しかったのは、彼女――白雪姫の無垢さであった。

 白雪姫は、ある自然豊かな領地を治める国王夫妻の第二子として生を受けた。夫妻には前に女の赤子がいたが、彼女は生後三週間目に風邪をこじらせて天に召されてしまっていた。だからこそ、白雪姫を身篭った際の夫妻の喜びようは地を揺るがすほどであった。だからこそ、白雪姫を産んだ直後に王妃が高熱を出してそのまま二度と目を覚まさなかった時の、王の悲しみようも並大抵ではなかった。王は、七日七晩自室に閉じこもり、太陽が上っても沈んでも変わらず泣き続けた。しまいに彼の涙腺はにわとりのとさかのように真っ赤になり、彼の頬は世界の病を一心に受けたかのように痩せ細った。だが、彼の悲しみを作り出したのが白雪姫であったなら、その悲しみを癒したのもまた白雪姫であった。泣きはらして部屋から出た王様を出迎えた赤子の白雪姫は、たいそう優しい笑顔をしており、また、その顔にはどことなく母君の面影があった。王様はとてもとても彼女を可愛がった。その熱烈な可愛がりようは失った王妃の影を追い求めつつも忘却の彼方へ追いやろうとするかのようで――王は、まだ幼い白雪姫のために何十もの詩と歌を王宮付きの詩人に作らせたものであった。

続きを読む

2008-06-28

[]セメント 2 21:27 セメント 2 - Slimo the fatter を含むブックマーク はてなブックマーク - セメント 2 - Slimo the fatter

固まりかけたセメントの中で僕達は互いを認識する。

 いつだって俺はこの通りが嫌いだった。あそこのメキシコ人のタコス屋や、糞みたいな匂いのザワークラウトとケチャップのホット・ドッグの店、嘘吐きのウォップの経営してるバールや、もう、そういったものが嫌でどうしようもなかった。汚いと思った。洗練されていないと思ったんだ。だから俺はあのときペンだけを持ってここを出た。もっと洗練されたものの中で生活をしたいと思っていたんだ。だが、実際はどうだったかというと――君の前でいま俺が話していること自体がひとつの答えだろうけども、向こうで得られた物は、ここで俺が渇望していたようなものじゃあなかった。俺は確かに成功した。商業的には。出版社に入って働いて、その後ライターになってひとり立ちをして、チートスのように消費されて忘れられるペーパーバックを幾つか書いた。金は貰った。結婚もした。だが、それきりだ。金は妻の離婚費用と息子の養育費に取られちまったし、妻は俺の顔なんてもう覚えちゃいないだろう。息子にはもう何年も会っちゃいない。新しいお父さんがいるんだと。……所詮、俺はその程度でしかなかったんだ。何が残った? その答えすら出ない! 俺は消費財でしかなかった。向こうじゃひとりひとりの人間がひどく画一的で、個性は代替が効くもんなんだ。ちょっと我慢ならない欠陥があれば、すぐ捨てちまうこともできるし、マーケットに行けば、もっと出来のいいのがすぐ手に入る。何だろうと我々が望むものを。人間を。もっとコミュニケーションが上手くて、リーダーシップがとれて、人間的魅力と才能と学問的探究心に溢れた新しい“友達”をいつでも買えるんだ。


 それが、ここじゃどうだ? 見回してみるがいい、新しい“友達”なんてどこにもいないんだ。あそこでタコスとブリトーを売ってるサンチェズや、アドルフって名前を改名したあげくユダヤの女と結婚したアーサーに、パウロ、あそこの路地を曲がったところに住んでる藪医者のチェン。古くからの、それこそ親父やその前の親父の代からの馴染みの人間たちばっかりだ。全員がよく歪んでいて、腐っていて、発酵していやがる。俺のようにここで生まれ育った人間には、あいつら全員の考え方が手に取るようにわかるのさ。金曜の夜にでもなりゃ、腐れイタ公のバールやダンスホールはいつも馴染みで満員になるし、そうでなけりゃチンクのチェンの隣室に皆が押しかけて、マアジャンを朝までやってる。いつもそうだ。いつもそうなんだ。何十年も前から、いままで。新たな刺激なんて糞みたいな価値しかないんだ! ……だがな、若い兄弟よ、よく聞け。俺は、ここにいる。そう、俺は、なんだかんだ言いながらもここにいるんだ。お前もいつかこの街を出るだろう。そして、いい香水の匂いのする大都会で、自分の力を試そうと思うだろう。だが、いつか気づくさ。その場所が提示する人間の価値の低さに。俺達は、機械なんかじゃない。人間なんだ。人間なんだよ。俺は、だからこそ、ここで、こうして、あのもう充分以上に発酵しやがって焼き頃を逃しまくった“友人”どもとだべっていたいと思うんだ。たしかにここを支配しているのは倦怠だ。だが、だが。チンケな非人間じみた経済原理の中で旨い店を探してるよりも、この倦怠の中で、あいも変わらず糞みたいなザワークラウトとホット・ドッグで、アーサーのユダ公の嫁をいつもみたいにからかいながら、皆でゲラゲラ同じ話を繰り返してるほうが、よっぽど人間らしくて、俺は――変な話だが――俺らしくあれるんだ。俺は、俺でいられるんだ。何もしなくてもな。糞みてぇな人生だ、だが、糞みてぇなもんでいいんだよ。人間は、もともと、糞をたれるようにできてるんだ。それで、健康なんだよ。

――Matt "AUX" Ksomitee, Ex-Publisher

2008-06-27

[]セメント 1 22:52 セメント 1 - Slimo the fatter を含むブックマーク はてなブックマーク - セメント 1 - Slimo the fatter

セメントの中で僕達は生きている。

少なくとも、僕達は、自分で想像しているほど他者を認識できるわけではない。

固まりかけたセメントの中にうずもれて、それでももがこうとしている相対的な姿しか認識することができないのである。

そして、僕達が認識できる唯一の他者からの行為は――単純な同調にしかすぎぬのだ。

―― Bach a Janaino, a 17th poet, musician, and famous stammerer

KokangKokang2013/09/21 17:01Wait, I cannot fathom it being so sthrigrtforwaad.

PerminderPerminder2013/09/22 19:27Awesome you should think of <a href="http://bvnaqzkw.com">sointhmeg</a> like that

DadyDady2013/09/22 23:31I found myself nodding my noggin all the way thghruo. http://yyghveoyr.com [url=http://ufkervdkoeg.com]ufkervdkoeg[/url] [link=http://xtgvzmvzy.com]xtgvzmvzy[/link]

EddwardEddward2013/09/25 08:19You've <a href="http://psquydnspg.com">imeersspd</a> us all with that posting!

DeanoDeano2013/09/26 03:51Yup, that'll do it. You have my aptpociarien. http://dtlalff.com [url=http://fdjgkuptzp.com]fdjgkuptzp[/url] [link=http://wkudtic.com]wkudtic[/link]