Hatena::Groupneo

Slimo the fatter

2008-06-28

[]セメント 2 21:27 セメント 2 - Slimo the fatter を含むブックマーク はてなブックマーク - セメント 2 - Slimo the fatter

固まりかけたセメントの中で僕達は互いを認識する。

 いつだって俺はこの通りが嫌いだった。あそこのメキシコ人のタコス屋や、糞みたいな匂いのザワークラウトとケチャップのホット・ドッグの店、嘘吐きのウォップの経営してるバールや、もう、そういったものが嫌でどうしようもなかった。汚いと思った。洗練されていないと思ったんだ。だから俺はあのときペンだけを持ってここを出た。もっと洗練されたものの中で生活をしたいと思っていたんだ。だが、実際はどうだったかというと――君の前でいま俺が話していること自体がひとつの答えだろうけども、向こうで得られた物は、ここで俺が渇望していたようなものじゃあなかった。俺は確かに成功した。商業的には。出版社に入って働いて、その後ライターになってひとり立ちをして、チートスのように消費されて忘れられるペーパーバックを幾つか書いた。金は貰った。結婚もした。だが、それきりだ。金は妻の離婚費用と息子の養育費に取られちまったし、妻は俺の顔なんてもう覚えちゃいないだろう。息子にはもう何年も会っちゃいない。新しいお父さんがいるんだと。……所詮、俺はその程度でしかなかったんだ。何が残った? その答えすら出ない! 俺は消費財でしかなかった。向こうじゃひとりひとりの人間がひどく画一的で、個性は代替が効くもんなんだ。ちょっと我慢ならない欠陥があれば、すぐ捨てちまうこともできるし、マーケットに行けば、もっと出来のいいのがすぐ手に入る。何だろうと我々が望むものを。人間を。もっとコミュニケーションが上手くて、リーダーシップがとれて、人間的魅力と才能と学問的探究心に溢れた新しい“友達”をいつでも買えるんだ。


 それが、ここじゃどうだ? 見回してみるがいい、新しい“友達”なんてどこにもいないんだ。あそこでタコスとブリトーを売ってるサンチェズや、アドルフって名前を改名したあげくユダヤの女と結婚したアーサーに、パウロ、あそこの路地を曲がったところに住んでる藪医者のチェン。古くからの、それこそ親父やその前の親父の代からの馴染みの人間たちばっかりだ。全員がよく歪んでいて、腐っていて、発酵していやがる。俺のようにここで生まれ育った人間には、あいつら全員の考え方が手に取るようにわかるのさ。金曜の夜にでもなりゃ、腐れイタ公のバールやダンスホールはいつも馴染みで満員になるし、そうでなけりゃチンクのチェンの隣室に皆が押しかけて、マアジャンを朝までやってる。いつもそうだ。いつもそうなんだ。何十年も前から、いままで。新たな刺激なんて糞みたいな価値しかないんだ! ……だがな、若い兄弟よ、よく聞け。俺は、ここにいる。そう、俺は、なんだかんだ言いながらもここにいるんだ。お前もいつかこの街を出るだろう。そして、いい香水の匂いのする大都会で、自分の力を試そうと思うだろう。だが、いつか気づくさ。その場所が提示する人間の価値の低さに。俺達は、機械なんかじゃない。人間なんだ。人間なんだよ。俺は、だからこそ、ここで、こうして、あのもう充分以上に発酵しやがって焼き頃を逃しまくった“友人”どもとだべっていたいと思うんだ。たしかにここを支配しているのは倦怠だ。だが、だが。チンケな非人間じみた経済原理の中で旨い店を探してるよりも、この倦怠の中で、あいも変わらず糞みたいなザワークラウトとホット・ドッグで、アーサーのユダ公の嫁をいつもみたいにからかいながら、皆でゲラゲラ同じ話を繰り返してるほうが、よっぽど人間らしくて、俺は――変な話だが――俺らしくあれるんだ。俺は、俺でいられるんだ。何もしなくてもな。糞みてぇな人生だ、だが、糞みてぇなもんでいいんだよ。人間は、もともと、糞をたれるようにできてるんだ。それで、健康なんだよ。

――Matt "AUX" Ksomitee, Ex-Publisher

2008-06-27

[]セメント 1 22:52 セメント 1 - Slimo the fatter を含むブックマーク はてなブックマーク - セメント 1 - Slimo the fatter

セメントの中で僕達は生きている。

少なくとも、僕達は、自分で想像しているほど他者を認識できるわけではない。

固まりかけたセメントの中にうずもれて、それでももがこうとしている相対的な姿しか認識することができないのである。

そして、僕達が認識できる唯一の他者からの行為は――単純な同調にしかすぎぬのだ。

―― Bach a Janaino, a 17th poet, musician, and famous stammerer

KokangKokang2013/09/21 17:01Wait, I cannot fathom it being so sthrigrtforwaad.

PerminderPerminder2013/09/22 19:27Awesome you should think of <a href="http://bvnaqzkw.com">sointhmeg</a> like that

DadyDady2013/09/22 23:31I found myself nodding my noggin all the way thghruo. http://yyghveoyr.com [url=http://ufkervdkoeg.com]ufkervdkoeg[/url] [link=http://xtgvzmvzy.com]xtgvzmvzy[/link]

EddwardEddward2013/09/25 08:19You've <a href="http://psquydnspg.com">imeersspd</a> us all with that posting!

DeanoDeano2013/09/26 03:51Yup, that'll do it. You have my aptpociarien. http://dtlalff.com [url=http://fdjgkuptzp.com]fdjgkuptzp[/url] [link=http://wkudtic.com]wkudtic[/link]

2008-06-26

[]昨日を、待って。 20:14 昨日を、待って。 - Slimo the fatter を含むブックマーク はてなブックマーク - 昨日を、待って。 - Slimo the fatter

 ポケットの中には一銭も入っちゃいなかった。入っていたのは糸くずと、詩を書き付けた紙きれだけ。帽子をぐい、と押さえて酒場に向かっていく足を逆に動かした。テーブルの上に暖かい料理が並んでいたのは、もう何年前になるだろう。ベッドの上にきちんとブランケットが掛けてあった頃から俺はどれだけ歩いてきたのか。……何の益もないので、俺は途中で思い出すのをやめた。

 それでも記憶はどんどん俺を侵食してくる。この街は、慣れるととても楽な街だ。人通りが多すぎて、俺は俺でなくても俺であることができる。俺は、どうやらそれに慣れすぎちまったみたいだ。こうして街を歩いていても、何の刺激も起こらなくて……ひどく、気分が滅入るんだ。

 あの時、あの時、あの時。もっといい場所へ行くんだって飛び出した電車で、ぎゅうぎゅうの座席に持たれていたあの時、駅で立ち尽くしていたあいつに「もう一度戻ってくる」って言ってやればよかったのか、そしてそれまで待っててくれないか、って言えばまだ良かったのか。

 ……答えは、出ない。

 人ごみの中、見上げる空は灰色で、夕焼けをすっ飛ばして徐々に暗くなってきた夕方の梅雨の空と相まって、歩く人をひどく陰気な気分にさせた。だけど、どうせ明日だって、同じだよ。今よりもずっと陰気な、涸れた涙の色をした雲が皆の頭上にそびえるだけで、俺が、結局満足のいく答えを出すには、もう過ぎちまった『昨日』をもう一度、待つ以外には方法が無いのだ。


 虹が終わるところに行きたかった。

 さよなら、ってあいつに言えればよかった。

 そうすれば、あの時の俺達の夢だって、少しは叶ったかもしれない。少なくとも、あの頃の思い出が横たわっている昨日なら。


 人ごみに揺られて、駅への道を歩いていく。皆、今日の仕事が終わって家路を急いでいるんだろう。皆の顔は、どこかひどく一様で、馬鹿ばっかりだった田舎がひどく懐かしくなった。

 前に、前に、この道は延々と伸びていて、色の薄い月が道の先に輝いていた。

 「俺がいなくなる前に」

 ひとりごとをつい呟いた。覚えていて欲しかったのは、そう……もう、どうでもいいか……

 今日は、灰色の空。塵芥が織り成した都会の陰鬱な芸術。この陰鬱な奇怪さから解き放たれるには、どうやら俺は……『昨日』がもう一度来るまで、待たなくちゃならないらしい。とうの昔に過ぎ去った、昨日を。

2008-06-24

[]25人の白雪姫 01:14 25人の白雪姫 - Slimo the fatter を含むブックマーク はてなブックマーク - 25人の白雪姫 - Slimo the fatter

 彼女の肌は雪のように白く、また唇は血のように紅く、黒檀のような黒髪は奇麗に風になびいていたが、何よりも美しかったのは、彼女――白雪姫の無垢さであった。彼女を産んですぐに死んだ母君にたいそうよく似ていたので、彼女の父親であった王様はとてもとても彼女を可愛がった。

 やがて王様は、新たな奥方を周囲の推薦もあって迎え、再度円満に新婚生活と統治の日々を送り始めた。新たな奥方は、当初こそ、見も心も美しい、と誰からも思われたものであったし、白雪姫もよい母上さまだと感じ始めていたが、年月を経るうちにそのよい白絹のヴェールは剥げ始めた。というのも、白雪姫が成長するにともなって、彼女の美しさは更に輝きを増してゆき、十七になったころには、その美しさは太陽の燦然と輝くかのようだったためである。が、そこには、若干の論理的飛躍がある。そしてまたそのヴェールの剥がれは、奥方自身には、なんの咎もないものであった。初めは他愛もない噂話であった。奥方が子を成せぬ身体だったとか、そのせいで王様の寵愛が薄れ出したとかの類の卑しい噂である。だが、事実として、奥方のベッドに王様がやってくる回数は近頃明らかに減っており、夜伽をもつこともこのごろはもう稀になっていた。幾人かの侍女がまことしやかに言っていた/王様は近頃、毎夜のように白雪姫の部屋に通っておられるらしい。奥方は驚いたが、入念に調査した結果、それが事実であることを確認した。その事実は彼女を嫉妬という病に蝕んだ。もう長い間、白雪姫と面と向かって話していなかったのもその病に侵された一因であったろう。見えぬ不安は抱えきれぬほどに大きくなるのが常であった。だが、気丈であった奥方は、それを見せまいと毅然として振舞った。だが、ふくよかな頬は徐々にこけてゆき、それがまたあらぬ噂を招く結果になったのであった。そして、彼女は幾夜も孤独な時間を益のない思考のなかに潰したうえで……やがて、彼女はある結論に至った。

 計画の実行には慎重を期した。白雪姫を外の野に連れ出し、狩人に殺すふりをさせて逃がし、逃げた先で死なない程度の毒りんごを盛る。彼女はもっと直接的な制裁をふたりに下したかったけれども、やはり王様を愛してはいたし、白雪姫のことも、継母なりにではあったが、愛していた。理想的な母になろうと心がけていた。また、彼女は、夫の国を――臣民をも、充分に愛する王妃であった。だから、彼女はこのような道しか選べなかったのだ。良い日を見繕って、彼女は計画を実行に移した。その甲斐もあってか、白雪姫は失踪し、あとは念入りに呪術師に作らせた毒りんごを食べさせるだけとなった。彼女はここで、白雪姫がとたんに哀れに思えてきた。彼女は無垢であった。無垢であるが故に誰からも愛される存在であった。彼女は何も悪くは無かった。そんな白雪姫をむやみに傷つけてはいけぬ、と思い、彼女はせめて自らが優しく毒りんごを食べさせてやろう、痛みやつらさのない形で逝かせてやろうと、漁師から聞いていた小屋へと向かっていった。

 その小屋へは、馬で三日を要した。乗馬をたしなんだことのない奥方の腿は擦り切れ、血が滲んでいたが、彼女はそれをおくびにも見せず、優しい母のままであろうとした。小屋へ近づくと、中からなにやら笑い声が聞こえてきた。漁師からは、小屋には白雪姫ひとりしかいない、と聞いていた奥方は訝しみ、そっと可憐な耳をドアに近づけた。そこから聞こえてきたのは……白雪姫ひとりの声であった。白雪姫ひとりが、いくつもの声色を使って(冷静に計測したところ、男女含め25人分)、ただひとりで会話していたのである。奥方は背筋に冷たいものが走るのを感じた。同時に、長年側にいながらもこの事態を防げなかった自らの罪と、少なからず嫉妬した自分自身を責めた。彼女の双眸にいつのまにか涙が溢れ……それを、彼女は丁寧にドレスの裾でぬぐい、決意したようにドアをぎい、と開けた。果たしてそこには、あらぬほうを向いた目も虚ろな白雪姫が、ぎいこぎいこと耳障りな音を立てながら安楽椅子に大きく揺られていた。

 「白雪や」

 彼女は声をかけた。できるかぎりやさしく。

 「だれ」

 白雪は可憐な声で応答したのも束の間、

 「『誰だ?』『誰』『どなた』『もしかして』『あの方かも』『……オカアサマ!!』」

 いくつもの声色で早口に畳み掛けた。彼女の目は、喉の調子に合わせて様々なほうを向いた。

 「そうよ」奥方はにっこりと笑い、

 「今日は、あなたに、プレゼントを持ってきたの。りんごよ。一緒に食べましょう」

 そう言って、用意してきた毒りんごを出した。

 白雪姫の中のいくつもの声が感嘆の声を挙げた。

 「『りんごなんて』『見たの久しぶり』『ほんとだな、最近肉ばっかりで』『それも、あの漁師の持ってきた野鳥の』『飲み物なんて……』」

 その後に続いた筆舌に耐えぬ言葉を聞かぬふりをするのは辛かったが、奥方は気丈ににっこりと、笑顔を絶やさなかった。幾度か涙は拭いたが、多分感付かれてはいないだろう。もう、そんなことはどうでもよかった。持ってきたナイフでりんごを丁寧にカットし、白雪姫に差し出した。

 「さぁ、どうぞ」

 焦点の定まらぬ目で、白雪姫は、嬉しそうにそのりんごをみつめ、ぱくりと一口に食べ……そのまま、気を失った。

 安楽椅子の上でくずおれた白雪を見た奥方は、もう、堰が切れたように涙を流し、嗚咽しながら、これでよかったのだ、これしかなかったのだ、と言いながら汚物の散乱した小屋の床にうずくまった。ひとしきり泣くと、白雪姫を優しく抱きかかえ、川へと連れてゆき、身をきちんと清めてやり、美しいドレスを着せ、涼しい丘に設置した奇麗な棺に少し冷たくなった身体を納めてやった。そうして、その棺の上に、ごりごりと『王の最愛の娘、白雪姫』と金文字で刻み入れ、ぎゅうと頬を押し付けてまたひとしきり泣いたあと、きっと踵を返して、馬を駆り、自らの城のほうへと向かっていった。奥方には、まだなさねばならぬ仕事が残っていた。彼女は、白雪姫の死が、本当の死ではないことを知っていた。彼女はまた、この城で起こった一連の出来事は、夢で終わらせねばならぬ、「悪い悪夢だった」その一言でで終わらせねばならぬのだ、と心に決めてもいた。白雪姫のためにも、自分のためにも、そして、この王国の臣民達のためにも。そう心に刻み込み、彼女は泣きながら馬を駆った。……これは、覚めるべき夢であるべきなのだ。

 数日後、匿名の密書を受けた王子が白雪姫を助け出した噂は、王国中を駆け巡った。王子に発見されたときの白雪姫は、まさに、すっきりした瞳でにこっと微笑んでいたという。まるでたちの悪い夢から覚めたように、以前の、無垢なままの美しい少女の瞳で。


Inspired from::

25人の白雪姫 - ファッキンガム殺人事件

先日からファック文芸部に参加しましたslimoです。よろしくお願いします。

参加表明とかって(いりますか|どうしたらいいのでしょうか?)

なんだかほんとうに参加できたのかどうかもよくわからずにここにいるのです。いていいですか。

【作品募集】「25人の白雪姫」というタイトルの創作を募集します。

これに送ってみようと思ったけれど、明らかに1500字超えてしまった。だめだ。

#一応投稿してみた

2008-06-22

[]クレシェフの残像/アンドロイド 00:44 クレシェフの残像/アンドロイド - Slimo the fatter を含むブックマーク はてなブックマーク - クレシェフの残像/アンドロイド - Slimo the fatter

 『タバコ』に火を着けて、吸う。その行為は倦怠と嫌悪に満ち満ちている。恍惚感などはとうの昔に消え失せた。生まれたてのころはそんな気持ちもあったように思うが、この機械の『肺』も煤けて順調に真っ黒になってくれた今では『タバコ』の一本一本がさ、ガッツリくるパワーなんて持っていないんで、そうだ、僕が吸っているのはたぶん惰性のせいだろうと思う。なんで吸い始めたのかもうよくわからない。『タバコ』を吸わない人は頭が良かった人だと思う。彼らの視線には共感を感じこそすれ、無思慮さのかけらも僕は感じたことはないね。そんなもの、嘘だろうけれど。

 とかく。とかく、多数派の論理は正当なもんなんだ。正当も正当でひどく滑稽なまでに正当だ。マイノリティは保身に走るところが嫌いだ。『タバコ』をもう一本、火をつける。煙草を吸う速度が速いんだ僕は。なんの話だっけ? あ、そう、マイノリティの話だ。そうなんだよ。彼らは、自分達は「美しき多様性」の美辞麗句の名の元に存在の許可をお目こぼしてもらっているだけだということに気づいてはいないんだ。気づいたらその瞬間彼らのアイデンティティの危機だ。彼らは――いや、なんというか、正直なところ、そこに僕だって含まれているのだけど。

 僕は、『ぼくら』は。

 僕は、『普通』になりたかった。『普通』であれたらと思っていた。『普通』だと思い込んでもいた。だが、気づけたころには、僕は『普通』であることを、正直なところ、嫌悪していたし、そこに所属するような人たちを、これまた、無意味に蔑んでいた。没個性とか気取って言って見たけれど、どうにもそれはブーメランのような言葉であったように思う。全ての物事を斜に構え、わざと少し――それも、ほんのすこしだけ――はなれたグループに入るのが常だった。振り返れば、それはただの同属嫌悪とひどく同一な感情だったと思う。あのころ僕の持っていたすべてのものは、「普通」の『ぼくら』が持っていたし、「普通」の『ぼくら』が持っていないものはたいてい僕も持っていなかった。だからこそ、そういうグループに好き好んで入って、自分の劣等感を正当化し、世間を舐めていたんだと思う。それこそ、無思慮に。嫌いだ。普通なんか。そしてそんな自分なんか。そして――いや――だが――ああ、ごめんよ、ほんとうはちがうんだ、これだってただの欺瞞でしかないんだ、ただサギでしかないんだ、僕は、僕は、ほんとうは『普通』なんかじゃなかった、僕は、ほんとうは、『普通』から明らかに「外れて」いたんだ。だからこそ僕は『普通』であろうと、普通の『人』だと思い込もうとほんとうにはしてきたんだ。心のどこかで自分自身を慰めて、自分自身を見ない振りをしてきたんだろう。カラスの巣の中のカッコウのように、また、カッコウの群れの中の吃りの異形のように、僕はどこか普通からずれていたんだと思う。僕の姿はどこか違和感を抱かせずにはいられないものなんだ。僕の身体には欠陥があって、発声のたびに壊れたシンセサイザーのように断続音を断続音を発さずにはおれない身体だった。豚であればよかった、家畜であればよかった! それならば、僕は生きているだけで充分に価値があったんだと思う。少なくとも、自分を劣等種だと、素直に認めるだけの度胸があればよかった!

 だが、僕にはそんなことは不可能だ。

 ここから僕は動くこともできないし、足だって僕の身体にはもう何年も付いちゃいないんだ。欠陥品は欠陥品のまま、おとなしくクズ鉄にでもされるのを待っていればいいのか? ……たぶん、そうなんだろうな。普通の人たちが普通の人たちらしく生きているなかには、僕、ちくしょう、ああ、もう、僕のような、欠陥品にたいする圧倒的な無視が隠れている。だが、それは、どうかといっても、決して、悪いことじゃない。自分の無視にだって充分につながるし、それに、少なくとも、無意識でHappyだ。

 僕は、普通になりたい。普通になって、この社会にはばたいていきたい。でも、それがむりなら、あるいは。……どうか、僕の無機質の顔、ううん、けしてこれは板金などではなくて、人間の顔なんだ、すこし色は、鉄だけれども、生身だ、そう、この顔の上に。そっと。あなたの思い出を載せてくれないか。僕には決して理解できなくてもいいんだ、ただ、あなたの思い出の陳腐な一ページを切り取って、僕の前にそっと貼り付けてほしい。すくなくとも、僕は、その瞬間だけ、なんというか、こんな、有機物のひとかけらもないからだなんかじゃなくてさ、ちゃんと、個性と、個人としての尊厳を保ったような、人間に、そう、僕だって人間に、なれるんじゃないかって、思うんだ。

 すくなくとも、君の思い出の中で。見る人に、一瞬でも、僕がすこやかに、人間らしく生きて笑っている様を、見てもらえるんじゃないかって。そう思うんだ。