Hatena::Groupneo

虚構の辺、現実の庵

2009-07-05

ガアガアさんとコケコッコーとカルガモとチョコレートの話

| 18:20 | ガアガアさんとコケコッコーとカルガモとチョコレートの話 - 虚構の辺、現実の庵 を含むブックマーク はてなブックマーク - ガアガアさんとコケコッコーとカルガモとチョコレートの話 - 虚構の辺、現実の庵

「では、レティシャちゃん、全部で何羽の鳥がいますか?」

 と、ミサは問いかけた。

 質問を受けたレティシャは、元気に答えた。

「ガアガアさんが2匹と、コケッコッコーが3匹と、カルガモが1匹!」

 どうだ、この見事な回答はといわんばかりである。

「レティシャちゃん、鳥を数えるときは、何羽って言い方をするの。1羽、2羽、3羽、っていうふうにね」

「うん! 知ってる! 裏庭には二羽、庭には二羽ニワトリにいますっていうもん!」

 ミサは頷いてから、「間違ってないわ。でも、全部で何羽かな、って訊いたのよ」

「アヒルさんが2羽、ニワトリが3羽、カルガモが1羽!」

 この上なく大きな声を発して、レティシャは、さあどうだと胸を張る。

 ミサはやれやれと思った。

「じゃあ、一緒に数えましょうか」ミサは黒板に貼り付けたイラストを指で示した。レティシャは心得たとばかり、「ひとーつ!」と、数え始めた。ミサが次々へと指を移していくと、レティシャは二つ三つと数字を唱えていく。そして最後に、「六つ!」

「そうね」と、ミサは頷いた。「全部で6羽いるわ!」

 レティシャも頷いた。「そうよ、全部で6羽いるのよ」

「じゃあ、ニワトリは何羽?」

「3羽!」

「全部で何羽の鳥がいる?」

「アヒルさんが――」

「アヒルさんもニワトリさんも、カルガモさんも、全部あわせて何羽いる? 鳥は、何羽、いるかしら?」

 レティシャは目をぱちくりとさせて、ああ、なるほど、分かった! と、目を輝かせると、

「ニワトリが3羽、アヒルが2羽、カルガモが1羽!」

 数が多い順に並べ直すことが、分類学上とても優秀なことなのだと発見した――とでも勘違いしていそうだ。一点の曇りもない眼差しに、ミサは疲れを感じた。教師生活六年目、もう新米ではないけれど、子供のエネルギーに圧されてしまうことがある。

「ニワトリは鳥? それとも馬?」

「鳥!」

「アヒルとカルガモは?」

「おももだち! じゃなかった。お友達!」

「アヒルとカルガモは、鳥かしら、それとも――」

「鳥よ、羽があるし、クチバチがあるもん」

「それじゃあ、鳥は全部で何羽いるの?」ミサの気持ちは、正答を期待して力んでいる状態だった。本来なら、回答する生徒が持つべき感情だ。

 レティシャはしかし、そんな緊張とは無関係な、可愛い目をして、「6羽よ。レティシャ知ってるもん」

 ミサはホッとした。これ以上、同じことを繰り返す気にはなれない。

「はい、正解!」晴れた日に洗濯物を干すのは気持ちがいい。今はそのときの爽快な気分に似ている。「着席していいわよ」

 レティシャは、えへんとばかり、席に着いた。

 ミサは、黒板に貼り付けたアヒルとニワトリを1羽減らし、カルガモをひとつ加えた。裏に磁石を貼り付けてあるこのイラストは、ミサが新米教師を務めた頃に自作したものだった。美術に興味があっただけに動物のイラストを描くぐらいのことは造作もない。

 レティシャの隣の席の、リチャードを当てた。リチャードは内気な返事をして、椅子から立ち上がった。

 ミサは、アヒルは何羽かと尋ねた。リチャードはもじもじとしていたが、1羽だと答えた。同じようにニワトリの数を聞くと、2羽だと答えた。

 さて、それでは、カルガモの数は? そう訪ねようとしたところ、先にレティシャが手を挙げて、

カルガモはね、2羽よ、2羽!」

「そうね、でも、今はリチャードが答える番だから、レティシャちゃんはお口にチャックしていてね」

 ミサはカルガモを二つ増やした。そして今一度、リチャードに、「カルガモは何羽いるかしら?」

 リチャードは身体を揺すりながら、小さな声で、「4羽」と答えた。

「それじゃあ、全部で何羽の鳥がいますか?」

 リチャードは、目で鳥を数えようとしたが、上手く行かずに手こずっていた。コソコソと指を使って数え、そして、「8羽」と、答えた。

「8羽かな? もう一度数えてみよう。今度は、声を出して」

 ミサがアヒルを指さした。次はニワトリ、ニワトリ、そしてカルガモと続く。

「いち、にい……」と、リチャードはびくびくしながら数える。「さん、しい、ごお、なな、はち」

 ミサが間違いを指摘しようとすると、先にレティシャが笑い声を立てて、

「5の次は6なのよ。7はね、6の次なのよ。だからね、ごお、ろく、なな、はち、きゅう、じゅうなのよ。リチャード間違えてる!」

 それを言われたリチャードは、泣き出しそうな呼吸になって、うつむいた。レティシャは気付いていないらしく、「ごお、なな、はちなんておかしいの! そんなことしたら6が可哀想よ。6がないとね、10は10じゃなくなっちゃうのよ。だってレティシャは――」

 大きな声で、よく通る声で、とても素速くよく喋る。ミサが止めに入ったが、レティシャは勢いがついていて止まらない。「レティシャのチョコレートが10個あってね、6番目のチョコレートがなかったら、チョコレートは全部で10ひく1なのよ。9個しかないのよ。10個じゃないんだもん。レティシャのチョコレートなくなっちゃった。リチャードが6をいわなかったからよ」

 全部で何羽の問が答えられなかった割には、何とも明晰な概念を持ち合わせていることだろうか。ミサはレティシャの頭脳が基本的に聡明なものなのだと確信した。しかし、それを引き出すためには、まずは協調性と共通性が必要だ。それから数の抽象化の概念。それを教えるのが彼女の仕事だ。

 ミサが勢いづいたレティシャの発言を止められなかったので、リチャードはついに泣き出してしまった。チョコレートが一つなくなったというよく分からぬ責めを受けた気でいるようだ。

 ミサはリチャードの内向性やすぐに泣き出してしまう性分を責めるつもりはなかったが、授業のときくらいは泣かずにいられないものかと思った。

 ここでもレティシャはお喋りなもので、「もう! リチャードは泣いてばっかりなのね! 泣いちゃ駄目なのよ。先生が困るから、授業中は泣いちゃ駄目って、ママがいっていたもの! ほら、リチャードは泣きやむのよ。あとでレティシャのチョコレート一つあげるから。6番目のやつをあげるわ。そしたらぴったりだもの。ほら、泣いちゃ駄目なのよ。レティシャも一緒に数えて上げる」

 世話焼きで仕切りたがりのレティシャは、自分で泣かせておいて、自分で慰め、自分で教える。

 リチャードがやっと全部で七羽いるのだと答えた。

 ちょうどそこで鐘がなったのでミサは授業をお終いにした。

RainRain2012/10/16 10:01I think you hit a bluslyee there fellas!

myzlymxmyzlymx2012/10/16 22:06ZCceBi <a href="http://qteepjrespwi.com/">qteepjrespwi</a>

rlfchfpgmrlfchfpgm2012/10/19 14:22XOH34Y , [url=http://euuddphnxhfd.com/]euuddphnxhfd[/url], [link=http://zrdsajifmilo.com/]zrdsajifmilo[/link], http://hsoeaxdkuewd.com/

aeusonalbaeusonalb2012/10/20 01:54ezdcbS <a href="http://cbffgezjgmnc.com/">cbffgezjgmnc</a>

dpfpdrputdpfpdrput2012/10/20 22:23FVmVBJ , [url=http://kppltxbzhfqh.com/]kppltxbzhfqh[/url], [link=http://upkdvsysrpgi.com/]upkdvsysrpgi[/link], http://yfcwlprzlntg.com/