Hatena::Groupneo

ファッキンガム殺人事件 RSSフィード

2006-05-12

自作解説・拷問三部作

| 自作解説・拷問三部作 - ファッキンガム殺人事件 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自作解説・拷問三部作 - ファッキンガム殺人事件

「初めて続き物を完結させたので、少しだけ自作について説明します。後書きカッコ悪い。」

耳は指か、或いはドラえもんによろしく

「もともとこれを書いたのは、あの口に出すも忌々しい萌え企画に対する怨念昇華することが目的でした。私怨創作の動機になりうるという好例です。転んだからにはタダでは起きないのです。」

「発想の原点は人を殺してはならないで書いた以下のコード。」

obj.each_finger {|f| cut(f) }

「これもあの口に出すも忌々しい萌え企画の発案者を(中略)という欲求から生まれたコードなんですが、それはそれとして、タイトルの『或いはドラえもんによろしく』は割と気に入っています。最後によろしくと付ければ全て OK です。『人間・失格』も『人間失格によろしく』にしておけばよかったのに。これを『よろしくメソッド』と呼びますがそれはまた別の物語です。関西ヤクザの間では耳と指を切り取って押入れに閉じ込める拷問を『ドラえもん』と呼ぶそうですが、それもまた別の物語です。」

「もちろん拷問三部作パク・チャヌク監督復讐三部作を強く意識しています。この短篇では『復讐者に哀れみを』のテーマである「憎しみは何も生み出さない」を拝借しました。」

優雅なレイセイが最高の復讐である

タイトルは『優雅な生活が最高の復讐である』と、『絶対可憐チルドレン』に出てきた台詞「復讐ゆう料理は冷めてからがオイシイんや!」から。」

「これもあの口に出すも忌々しい以下略を発案した人を以下略したいという社会不適格者の欲望を具現化した話ですが、初めて取材らしきものをした記念すべき短篇です。人力検索はてな - 現在の日本で合法的に人肉を食べる方法を教えてください。のことですけど。」

復讐三部作の『オールド・ボーイ』(傑作!)からは「周到に準備された拷問」というテーマを拝借しました。創作にあたって注意したことは「如何に法を犯さずに相手に最大限の苦痛を与えるか」です。質問の方で書いている「拷問としてのカニバリズムが合法的に成り立つのか」ですね。成功しているかはともかく、思考実験として非常に楽しかったです。」

「作中に出しているガランティーヌはもちろん『鉄鍋のジャン』からの引用タイトルに『或いはセレーヌ楊によろしく』と付けようかとも思いましたが、さすがに止めました。」

きみとぼくの疲れる世界

タイトルは『きみとぼくの壊れた世界』より。しかし当然この本は読んでおりません。『最終兵器彼女』以来セカイ系は苦手です。」

復讐三部作の棹尾を飾る『親切なクムジャさん』から借用したテーマは、ズバリ「愛」です。まあ、あの忌々しいあれも愛ゆえに生み出されたものなんでしょうから、オトナ語的には「光栄です」というべきなんでしょう。こちらがその愛に応える義理はありませんけどね。だからこの短篇で最初に書いた部分は「あなたがどれだけわたしを愛しても、わたしは絶対にあなたのものにはなりません」です。キレてないですよ。 xx-internet をキレさせたら大したもんですよ。」

「それから、これは偶然ですが、三部作タイトルの最初の文字を続けて読むと「みゆき」になります。というわけで、せっかくなので三部作に登場した拷問者の名前は「みゆき」とします。指を切っている女の子も、頭のおかしいお嬢様も、付き合いのいい恋人もどきも、みんな「みゆき」です。今決めました。どうでしょう、そう思って読むと萌えてきませんか。このサイトの今後の課題として「如何に常識的な萌えシチュエーションを使わずに萌え小説を書くか」という問題があるので、コメント蘭で意見を聞かせていただければ幸いです。まあ本当にコメントが来たら片っ端から消しますけどね。意見なんか聞きたくありません。そんなに萌えが欲しけりゃ青空文庫夢野久作でも読め。」

「ついでに書いておくと、わたしのブルー萌え山月記ではないと思います。いや、萌えとかツンデレとかは読み手側が決める概念なので反論しても仕方ないんですが、「肉落ち骨秀で、眼光のみ徒らに炯々とし」って描写はいいんでしょうか。あれは単に「わたしのブルー」という言葉を再定義というかファックするための話であって……、まあいいや。面倒臭くなってきた。」

「まとめ。そうねえ。誰かが部外向けにちゃんとした萌え小説を書いてあげるといいんじゃないかな。」

xx-internetxx-internet2006/05/14 21:12コメントは削除すると書きましたよね?

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20060512