Hatena::Groupneo

ファッキンガム殺人事件 RSSフィード

2006-07-25

空理空論的愛され研究 その 2

| 空理空論的愛され研究 その 2 - ファッキンガム殺人事件 を含むブックマーク はてなブックマーク - 空理空論的愛され研究 その 2 - ファッキンガム殺人事件

「大変申し訳ないけど、君の気持ちは嬉しいんだ。君のことが嫌いなわけでもない」
「じゃあどうして?」
「言ったら怒ると思う」
「言って」
「間違いなくムカつくよ」
「いいから言って」
「僕は頭がいいんだ」
「は?」
「ムカつくでしょ? でも事実として僕頭いいじゃない。客観的に見てそうでしょ」
「……」
「ムカついたね」
「ムカついた。だから何なの?」
「しかも僕は心が優しいんだ」
「!」
「ムカつくよね、本当に」
「だから何なのさ! 人を馬鹿にしてんの!?」
「ちょっとだけ我慢してくれないかな。すぐ終わるから」
「……」
「僕は人の気持ちが分かるし、今みたいなこと言ったら君が怒るのも想像できるんだ。でも僕頭いいから自分と他人の相対的な賢さの差に凄く敏感でさ、自分が明らかに優れてることが嫌でも毎日……。ああ、怒らないで。もう少し待って」
「結局何が言いたいの?」
「僕は毎日自分の頭のよさを痛感しながら生きてる人間だってことを説明してるんだよ。頭がいいことのコンプレックスについて話すような男と付き合いたい? 僕が女だったらまっぴらだね」
「それだけおつむがよろしくて性格もよろしいアンタが、どうして私をこんなに怒らせてんの?」
「そこだ。君なら分かってくれると思って話してる。君、頭いいよね」
「……」
「今のツッコミも鋭いし、怒りでグツグツ言ってるときも僕の話を聞く余裕がある。間違いなく頭いいよ。保証する」
「バカにしてんの?」
「してない。僕はずっと本気で話してる。嘘を言ってないことは分かるよね。だからタチが悪いんだ。僕は率直で正直で聡明な人間のクズなんだ。人と付き合う資格なんかない」
「……本気で言ってるの?」
「ああ、だめだめ同情なんかしちゃ。関わらない方がいいよ。君もきっといつか僕の酷さが分かる。この『僕お利口だから自分を完璧に客観視できてます』感がたまらなく鼻につくようになるから」
「ムカつく。アンタ頭よくなんかないよ。バカでしょ。私と付き合いなさい。その根性叩き直してあげる」
「あー、そう来たか。これだから頭よくて自分をしっかり持った女の子は……。しょうがないな、これは言いたくなかったんだけど」
「何」
「僕は自分より頭のいい女の子が好きなんだ」
「!」

滅多打ちであったという。男の怪我は全治三週間。看病と数度の大喧嘩を繰り返した末、やっと二人は交際を始める。後のキュリー夫妻である。

参考文献

xx-internetxx-internet2006/08/18 06:55ゴーストライターが十人いるので「後のキュリー夫妻である」しか書いてません。