Hatena::Groupneo

ファッキンガム殺人事件 RSSフィード

2006-12-18

オフェンスに定評のある断片の blogger

| オフェンスに定評のある断片の blogger - ファッキンガム殺人事件 を含むブックマーク はてなブックマーク - オフェンスに定評のある断片の blogger - ファッキンガム殺人事件

「いきなり新入部員にこんなことを言うのも何ですが、

ジェイムズ君、今僕らいそがしいんだから
ジェイムズ君、今僕 laiso が死いんだから

に見えたので断片部の人たちは相互 DIS リテラシーが高いなあと思いました。」

ファック文芸の理論と実践

| ファック文芸の理論と実践 - ファッキンガム殺人事件 を含むブックマーク はてなブックマーク - ファック文芸の理論と実践 - ファッキンガム殺人事件

「大層な思想に基づいたわけではなく、そのときの命名者のテンションによって発作的に付けられた名がいつの間にか通名となり、やがてその言葉イメージを支配し、一人歩きし、遂には名が体を支配するといったことが現実には起こり得る。言うまでもなく『ファック文芸部』のことであるが。」

「『ファック文芸』とは何か。それを真剣に問うのは、控えめに言っても暇人の所業だ。もちろんファック文芸部はファック文芸を体現するために発生したのではなく、単に集まり、それぞれの意志に基づいて活動を行った結果、その喰い散らかしが後にファック文芸と呼称されるようになったのである。最初の問いに答えるならば、我々がファック文芸だとしか言い様がない。我々って誰と誰だ?」

「そこで考えた。ファック文芸なるものにそれなりの形を見いだすには、具体例で定義するのが手っ取り早いのではないか。それなりの数の光る点を虚空にばらまけば、見る者が頭の中で斜線を引き、やがては適当キャラを当てはめて物語捏造するだろう。
リスト化には制約というものが必要で、さてファック文芸に必ず共通することは何かと考えるに、おそらく自分の定義では一つしかない。」

  1. ネット上で全文が読めること。

「これだ。その他の特徴は余剰というか、観測者の主観依存する。その観点でとりあえず 5 つ選ぶなら、現時点では以下になる。」

夢野久作『瓶詰地獄』
言わずと知れた探偵小説史上に残る傑作短篇。限定文体で描かれた限定状況の地獄
深堀骨『白熊座の女は真夏の夜にここぞとばかり舌を鳴らす』
何度も取り上げているのでここでは繰り返さない。「無理」「無駄」「無意味」といった批判が全く機能しない恐るべき駄作(誉め言葉)。
宇宙ヤバイ
圧倒的に素晴らしい。
バベルの図書館シミュレータ
シェークスピアを見たこともない男がネコキーボードの上で歩き回らせいつか偶然にもシェークスピア戯曲を書き上げるのを待っている」サイト残念ながら消滅してしまったようなので WebArchive 。 (c.f. WikiPedia - バベルの図書館)
ジョージ・オーウェル『一九八四年』
残念ながら翻訳未完のため、厳密には条件に該当しないが、敢えて挙げておきたい。ディストピア小説マスターピース。特に付録ニュースピークの諸原理』には唸らされたことを思い出す。ハヤカワ文庫版で僅か 16 ページのこの小論文は、今まで読んだ中でも五本の指に入るほど邪悪な文章である。流血も罵倒も伴わずにこれほどの残虐性を表現できることが信じられない。何より、こんなにも邪悪なことを考え付く人間がいたという事実感動した。
トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20061218