Hatena::Groupneo

ファッキンガム殺人事件 RSSフィード

2009-01-27

忍法船幽霊

| 忍法船幽霊 - ファッキンガム殺人事件 を含むブックマーク はてなブックマーク - 忍法船幽霊 - ファッキンガム殺人事件

元禄の頃、一人の術者が船旅のさなか奇禍に逢い漂流を余儀なくされたという。嵐をかろうじて乗り越え、とある孤島へ流れ着いた船旅の徒は、術者と、一人の武家の妻女だけであったという。

妻女は半狂乱となり夫を探し求めた。砂浜を駆け、名を呼ばわり、遂に見つからず崩折れ、最後に術者へ救いを求めた。どうか夫を探してほしい、と。

術者は、波間を渡るすべが一つだけある、と言った。喜ぶ妻女に、しかし術者は告げた。使うならば引き換えに、お手前の貞操と、命をいただく、と。

業は秘伝であり余人に知られること罷りならぬ。術の理合を知る者、生かして帰すは断じて許されぬ。夫は救おう、だがお手前は救えぬ。それでもよいか。構わぬか。そう問うた術者は、最後に言うともなく呟いた。わしは今の今まで、己が化け物だとはついぞ思わなんだわ、と。

妻女は承諾した。

翌朝、海辺に立った術者は印を結び波間に念を込めた。身の精気淫気が潮騒を割き陽炎のごとき揺らめきが茫々と水面に形を結ぶ。浮かんだ影は波に揺れる一艘の舟。秘術・船幽霊である。

術者が舟に乗らんとしたまさにそのとき。

妻女の名を呼ぶ者があった。振り向くと、砂浜の奥、松林の際に、一人の侍が立っていた。

印を解いた術者と、妻女と、侍。三つの視線が入り混じる。沈黙を破ったのは妻女であった。最後までお聞きください、と前置きし、妻女は一部始終を語りはじめた。

侍はじっと黙して立ち続けたという。

顛末を語り終えた妻女は、あなた様がご無事で何よりでした、と結び、そしてゆっくりと微笑んだ。侍もまた微笑み、鯉口を切ったと見えた刹那に太刀を閃かせ妻女を逆袈裟に斬り捨てた。

血糊をぬぐい刀を納めた侍は、術者に向き直ると深々と頭を下げ、ご助力まことに忝い、と、丁重に礼を述べたという。

数日後、漁船に拾われたのちも侍は顛末を黙して語らず、術者もまた生涯口を閉ざした。だから、全ては歴史の闇の中である。

k2830122k28301222009/01/30 04:51『藪の中』を連想しました。

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20090127

2006-01-18

制狂術

| 制狂術 - ファッキンガム殺人事件 を含むブックマーク はてなブックマーク - 制狂術 - ファッキンガム殺人事件

古来より政治は狂人との戦いである。比叡山を焼き本能寺で焼かれた織田信長を挙げるまでもなく、為政者が狂人への対応を誤ったために命を落とす例は後を絶たない。絶たないのだ。

かくのごとき悲劇を繰り返さぬため、千年を費やして生み出された狂人と戦う技術体系が制狂術である。社会を統べるものは社会の外、即ち既知外を相手取らねばならない。もちろん至難である。しかし、やらねばならない。やらねばならないのだ。

制狂術の理論は極めてシンプルである。常人が狂人と戦うための手段はたった二つ。

  1. 狂人を上回る狂気を身に付ける
  2. あらゆる狂人を想定する

前者は狂気をコントロールする技術、後者は狂気を知る技術と言える。日本の政治家は一人の例外もなくどちらかの流派に属している。なぜなら真の政治を知る者は制狂術を知らぬ政治家を政治家と呼ばぬからだ。しかし前者は狂気の中に身を置くがゆえに、しばしば狂気に取り込まれたはぐれ術師を生んだ。"鋼の制狂術師"と呼ばれた佐伯白鉄鉱はこう述べている。

ムニャニャムニャムニャムニャムニャムニャニャ 人ではいられぬ制狂術師

筆者の記憶が曖昧なため前段は不明だが、制狂術の苛烈さを語るこの言葉は読者諸兄の胸を強く揺さぶることであろう。

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/xx-internet/20060118