Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2006-01-17

[] 白(2) - 白という色で塗りつぶされた部屋 14:50  白(2) - 白という色で塗りつぶされた部屋 - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  白(2) - 白という色で塗りつぶされた部屋 - pour away

開け放たれた窓から青い風がさらさらと入ってくる

穏やかな日差しがシーツに落ちる



所在無く存在する僕の横に活けられた一輪の花

玉響な美を使い捨てられる事で悠久を得る空間

一瞬の苦しみから逃げて悪戯に時間を消費する僕



窓から子供たちの遊ぶ声が聞こえてくる

数え切れないほどの生と死の歴史を綴って来たこの部屋

明日へ歩くにはあまりに悲しすぎる

枯れ散る運命にひとひらの花弁が落ちる



握り締めた無色なガラス玉

霞掛かった映らない瞳

そこから覗いた世界は

少しイビツに歪んでいて

狭く息苦しくて

とても落ち着いた



この小さな窓から飛び立てれば

今の自分ではない本当の自分になれるの?

いやらしく誘うようにカーテンが揺れる

背中の傷が疼き赤く染まる

明日の朝にはまた新しい花が置かれている事だろう

いつの間にか握り締めていたはずの瞳は床に落ちて割れていた