Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2006-07-18

[] 夏の夕暮れ 08:10  夏の夕暮れ - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  夏の夕暮れ - pour away

カナカナカナカナカナ・・・

ヒグラシの鳴き声で目を覚ました

部屋に入る光からは明け方なのか夕暮れなのかはわからない

痛む頭を抑えて水をゴクっと飲み干す

乾いた喉に染み入る

何かの鳥も鳴いてる

カーテンを開けると日が傾いている

路面が僅かに濡れて光っている

窓を開けるとむっとする懐かしい熱気

水鉄砲を持ち寄ってみんなで戦争ごっこなんかして

これくらいの時間になるとぽつぽつ帰る人が出てきて

最後は二人とかでも遊んでいて少し物悲しかった

今の自分は何をやっているんだろう

思い返し蘇る映像の純粋さに愕然とする

戻りたいとは思わない

ただただ遣る瀬無さと不甲斐無さが圧し掛かる

胸の奥がズキリと音を鳴らして



考える煩わしさから

甘く苦い胸の痛みから

逃げるように隠れるように目を瞑る



鳴き声と風と想いが物憂げに