Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2006-09-24

[] 夏の終わりと秋の訪れの狭間で 14:40  夏の終わりと秋の訪れの狭間で - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  夏の終わりと秋の訪れの狭間で - pour away

少し気怠るいプールの帰り道

もう夏も終わりだからなんて言いながらはしゃいでいた

外は少し暑くて

体は心地よく冷えていて

眠気が世界を支配している



「氷」と掛かれた旗が揺れている店内

冷たいアイスかジュースか迷う

みんながアイスにするなら自分も



そこいらのベンチにぎゅうぎゅうになりながら座る

急ぎ足のオトナが行き交うのを肴にアイスを食べる




急に辺りが暗くなった

なんだろうと空を見上げると真っ黒で大きな雲

振り出したと思ったら土砂降りのような夏の雨

公園の屋根のあるところに逃げ込んでびしょ濡れで笑ってた

未だ少し消毒液の匂いがして