Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2006-12-07

[] 涙は上に落ちることはないから そっちはきっと哀しむ事が無い所 00:45  涙は上に落ちることはないから そっちはきっと哀しむ事が無い所 - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  涙は上に落ちることはないから そっちはきっと哀しむ事が無い所 - pour away

今頃何をしてるのか

どの辺りで遊んでるのか

想像も理も声すら及ばないその場所

穏やかな所だといいな

相変わらずのた打ち回っている俺を見てるか?

街中に華やかな音楽が溢れ始めるこの時期

降って来る白い羽根みたいな雪の先を見上げる

なんでこの腕には翼がないんだろう

お前を抱き締めてやれないんだろう

どこかですれ違ったらお前は俺に気が付くだろうか

俺の顔や名前を覚えて居るだろうか

もし会う事ができたら手を繋いでくれるだろうか

掌を見返してその大きさを思い出すよ

俺はそっちには行けないんだ

なんとなくわかる

俺は良い人間じゃなかったから

だから俺は生き続けるよ

無様でも滑稽でも

たまにどうしようもなく俺が俺じゃなくなったとき

そんなときには俺の背中を押してくれ

その悲しく優しい思い出に包み込んでくれ

白く冷えた景色と華やかな音楽で眠れ魂よ